テーマ:仕方っ子連

仕方っ子連 2016・9・22(木)日野亭 第4回発表会、台風の影響で雨、73キロ(体重)

 仕方っ子連・日野亭の  第4回 発表会。  会のつっかけ(開始時間)の雨の降り出しにお客の足が心配だったが、 五十人近くの入り。  連員の頭数が増えて、8人。そのせいで、初高座4人。  手芸(しゅげい)[鶴]、舞台女優を目指しているので、さすが、しっかりと 噺を掴んでいる。が、声量が大きいので鑑賞していて疲れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2016・5・4(水)日野亭の稽古日、晴れ、72キロ

 連休の中、  仕方っ子連・日野亭の稽古日。  空女(くうにょ)[立ち切り][中村仲蔵]  哲笑(てっしょう)[猫の茶碗]  物久(ぶっく)[ぞろぞろ]  我道(がどう)[元犬]  手芸(しゅげい)[鶴]  甲周(こうしゅう)[基本小咄]  終わって新参加者の歓迎の会食。  哲笑(てっしょう)が隣席の手芸(しゅ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2016・4・27(水)日野亭の稽古日、晴れ、72キロ

 仕方っ子連・日野亭に、  この日も見学者。  それも甲府から、、、、、。頼もしい。  前回の見学者が入連して、今日、基本小咄、しっかりとクリアー。  芸名も手芸(しゅげい)。別に編み物が旨いわけではない。  本名が手島だから、、、、、。  その手芸に正座して手を膝に載せるのはいいんだが、肘を張る癖がある。  力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2016・4・13(水)日野亭の稽古日、曇り、71、キロ

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。  前の本陣での発表会を終えて初めての稽古。  次を目指して、新しい噺の稽古。  哲笑(てっしょう)[猫の茶碗]、物久(ぶっく)[ぞろぞろ]、我道(がどう)[元犬]、 生歩(しょうぶ)[子褒め]、玉女(たまじょ)。空女(くうにょ)は仕事で休み。  嬉しいことに、日野市の広報を読んで新人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2016・3・16(水)日野亭の稽古日、晴れ、71キロ。

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。  哲笑(てっしょう)[絡み酒]、演読。  物久(ぶっく)[天狗裁き]、演読。  生歩(しょうぶ)[半分垢]、演読。  今月の26日(土)はこの稽古場の向かいの本陣で発表会があるので、 真剣な演読稽古が続いたが、他の二人は口演稽古。  とくに我道(がどう)[初天神]の口演稽古でキラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2015・9・2(水)日野亭の稽古日、曇り、68,5キロ

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。    物久(ぶっく)[一目上がり]の演読。  生歩(しょうぶ)[泥棒小咄]の演読。  哲笑(てっしょう)[法螺の種]の演読。前回はそれまで懸命に稽古を続けてきた[金明竹]を、 「もうあきらめました」と手放した。  [金明竹]は代表的な前座噺であるが、易しいわけではない。トリネタに匹敵するほ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仕方っ子連 2015・6・17(水)日野亭の稽古日、大雨、70キロ

 仕方っ子連、  日野亭の稽古日。   物久(ぶっく)[夕立屋]、「夏の内に出来るようにしたいので、この噺の  稽古を」と稽古を開始。圓窓「もう夏だよ」(笑)      哲笑(てっしょう)[金明竹]、改めた了見で演読に取り組んでの稽古。  この演読だとしっかりした噺となって聞こえてくるんだがなぁ。      覧土(ら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

仕方っ子連 2015・3・28(土)日野亭、初の発表会。晴れ、73キロ

 日野市の、  江戸の音曲と噺を聞く会の一日を借りて、本陣で。50人の大入り。  吉窓[長屋の花見]、圓窓[応挙の幽霊]    「稽古風景発表会だと思って応援してください」と挨拶。  生歩(しょうぶ)[桃太郎]、不安定さは多分にあったが、なんとかできた。  口演後の彼に「噺は、台詞の一言一言の感情をしっかりと掴み、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仕方っ子連 2014・8・13(水)日野亭の稽古日、晴れ、72キロ

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。  覧土(らんど)が盆で帰国。生歩(しょうぶ)は休みだったので、参加は 二人なので時間を掛けて特訓。  古杵(こぎね)[狸の札]。高座本離れしそうな時期。前半はなんとかこなしていたが、 後半はまだまだ。背を丸く座る体形なので、上下の目線が下向きになり、 腹を圧迫するので細かい表現のある声が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2014・5・7(水)日野亭の稽古日、晴れ、70,0キロ

 仕方っ子連・日野亭、  三回目の稽古日。  稽古場が今日だけ変更になって、日野市新撰組ふるさと歴史館。  京都の新撰組の屯所の写真が壁に大きく張ってある、その前に床机を 二つ並べて、それを高座として、稽古。  往来で稽古をしているみたいな形。  前回、芸名を付けた、生歩(しょうぶ)、物久(ぶっく)、古杵(こぎね)の三人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仕方っ子連 2014・4・30(水)日野亭の稽古日、雨、71,0キロ

 第二回の、  仕方っ子連・日野亭の稽古日。  三名が出席。  芸名を付けて発表。   中学生、本名が勝哉なので、生歩(しょうぶ)。   読み聞かせのいかあさん、物久(ぶっく)。   昔、やったことがあるというので、古杵(こぎね)。  目線の復習。扇子の使い分けを伝授。  五月から一人参加があるという、、、。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2014・4・16(水)日野亭の初回の稽古日

 念願の、  日野市における落語指南所、開設。  ネームは 仕方っ子連・日野亭。  参加したのは4人。  その内の一人は、「次回からはコーラスとぶつかるので参加出来ません」って。  おやおや、残念、、、。  第一回、仕方っ子連・日野亭。  一人は中学生。一人は読み聞かせのおかあさん。一人は昔とった杵柄。一人は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more