落語っ子連 2014・4・6(日)三流亭の稽古日、晴れたり曇ったり、71キロ

 落語っ子連・三流亭の稽古日。  百梅(ひゃくばい)[火焔太鼓]、初見読みの演読稽古。    本当の火炎太鼓を大八車に乗せて運ぶ、という圓窓の新工夫の高座本を読んだ最初の人になる。  越児(こしじ)[お花半七・下]、昔々の落研で演ったことのあるという。  流三(りゅうざ)[一人酒盛]、演読稽古。この噺も圓窓の工夫があり、主人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2014・4・7(月)千川亭の稽古日、曇り、71キロ

 洒落っ子連・千川亭の稽古日。  肌乃(はだの)[壷算]、演読稽古。素直を感情移入が出来れば、なお良い。  小三九(こみっく)[紙入れ]、させ稽古。語尾を伸ばし過ぎにしないこと。  還児(かんじ)[小言幸兵衛]、演読稽古。台詞を覚え込むと、間がなくなってきて、 文節を繋げ過ぎるのはいけない。  喜子母(きしも)[南瓜屋]、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2014・3・30(日)紅巣亭の発表会、曇り、71キロ

 語りっ子連・紅巣亭の、  発表会。会場、古石場和室。      一部  半升(はんじょう)[高田馬場]、ごつごつした口調がだいぶ滑らかになった。  熱太(あつた)、空母(くうぼ)の代演で[花筏]、おどおどせず自身持ってやろう。  文具(ぶんぐ)[時蕎麦]、落ちのあとに「時蕎麦でございます」と余分な挨拶を 付けいたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語っ子連 2014・3・29(土)三流亭の発表会、曇り、71キロ

 第2次落語っ子連・  三流亭の4回発表会。  百梅(ひゃくばい)[出来心]、なんだか早口ばかりが耳障りだった。落ち着いて演ろう。 声と顔は申し分ないのだから、、、、。  仙三(せんみつ)[松山鏡]、歯が馴染んできたのであろう。しっかりと演じた。  扇子っ子連・千早亭ワッフル、寄席踊り、吉窓が伝授したもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座 2014・3・22(土)日野脇本陣、曇り、71キロ

 日野脇本陣で、  第22回、江戸の音曲と咄を楽しむ会。  笛・福原徹秋  落語・圓窓[羽団扇]。  この噺のエンディング近くで、亭主が女房に見た夢の話をする場面でえらい 失敗をしてしまった。  本来、亭主は煙草を一服吸ってから、「俺が空から落ちたのが宝船の上、 七福神に会った」と女房に。  女房が「七福神揃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噺っ子連 2014・3・20(木)有難亭の稽古日、曇り、雨、71キロ

 噺っ子連・有難亭の稽古日。  門仲の語りっ子連の稽古を終えて、そこから噺っ子連へ。  守谷パーキングの出店のたこ焼き屋を覗いて、その京たこ焼きを買う。 店内でヨーグルトも。  宝須(ほうす)[松竹梅]、「なったなった蛇になった」の謡の調子を特訓。    真仮名(まかな)[芝浜]、後半、婚礼の真似事をする魚熊が「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座 2014・3・18(火)NHKテレビ

 日本の話芸、  NHKのEテレで[不孝者]を放映する予定です。  去年、南大塚ホールでのはしご落語会の日に東京落語会で録画したもの。  3月24(月)15時から15時30分。鑑賞してください。  めったにないことですから、、、。(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽織っ子連 2014・3・18(火)要亭の稽古日

 羽織っ子連・要亭の稽古日。  させ稽古、長矢(ながや)[花見酒]、古造(こぞう)[替わり目]。  演読、貴尾(たかお)[救いの腕]、寒雷(さむらい)[伽羅の下駄]、宮女(みやじょ)[薮入り]。  今日は訛りを重点的に指摘したが、三つの噺について、ちょいと一言。  [救いの腕]、この噺はあたしの創作なのだが、主人公が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・3・18(火)余話 注文書

 高座本の注文書を作成する。  語りっ子連ではまど音(まどね)さんが以前から注文書を作り使用してたが、 他の連ではまだなくて、そこで、あたし自身が注文をいただいても忘れることが 多々あり、悩んでいた。  そこで、あたし自身がどこの連でも活用出来る万能注文書を作った。  早速、羽織っ子連で配布。即、注文あり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・3・18(火)都立千早高校、晴れ、71キロ

 自転車で都立千早高校、  なにしろ町内なので、自転車で。  希望者を募ってのアカデミック講座。テーマ「人の話をよく聞こう」  聴講生、希望参加で40名ほど。  窓輝[転失気]、圓窓[無言扇子の落語しぐさ]。  担当はビジネス科の香取教師。  校長室で打ち合わせのとき、うっかり口走ってしまったのか、「落語をやってみよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・3・17(月)[奉加帳]

 高座本[奉加帳]、  これはあたしの創作だから、だぁれも知らない噺。  幕末の江戸。寄席芸人の多く住む長屋へもぐずりこんだのが、歴史上の人物。  官軍の目が厳しい中、品川沖に行きたいと言い出す。  芸人たちが座敷に出向く様をして、そして、歴史上の人物を噺家の弟子として荷を 持たせて街へ出る。  愛宕下へやってくると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・3・17(月)[大工調べ]、晴れ、70キロ

 作業の途絶えていた、  [大工調べ]の編集を再開。  既成のこの噺を聞いていて、棟梁にこんなに啖呵を切らせていて、いいものなのだろうか、、、。  大家が可哀そうだ、、、、、。  大家を悪人に仕立てる奉行も許せなく、今日に至ってしまった。  まら、落語っ子連の流三(りゅうざ)さんと相談のし直し、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声優 2014・3・15(土)スクールデュオ、晴れ、70キロ

 声優の養成所、  15期生スクールデュオで一年間勉強した人たちの卒業式。  西新宿のイタリアン料理店。なかなか旨い。  上のアッパークラスに上がった人、落ちた人、40人ほどを前に、 5,6人の講師の面々が挨拶した。  それぞれが「落ちた人はもう諦めなさい」「他でやり直す手もある」「落ちた人から声優の スターも生れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下げっ子連 2014・3・14(金)大塚亭の稽古日、晴れ、70キロ

 下げっ子連・大塚亭の稽古日。  稽古の部屋が和室が取れず、変わって第3会議室。  ロビーが近いのでそこから雑談の声が入ってくる。それに和室ではないので、座蒲団がない。  和室にあるのを借りることは出来ないという。理由は和室の備品だから。  その座蒲団を借りたいのなら和室を借りるしか手はないという。  あるいは座蒲団は自宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座 2014・3・13(木)日野市かわせみ寄席、雨。

 日野市かわせみ寄席、  一周年記念になる。  といって、これというイベントもなかったが、、、、。  窓輝[ぞろぞろ][田能久]、圓窓[高砂や][短命]。  学友のネコさんより、団子の差入れ。  ネコsん、そろそろ花粉症で悩む頃だ。  今日で一年経って、来年度もやる予定とのこと。  一年間、毎月二人の出演者、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2014・3・13(木)N文亭の発表会、曇り、雨、70キロ

 笑いっ子連・N文亭の発表会。  愁波(しゅうは)[千早ふる]、間違えたことに即、気が付いて言い直しをするくらいだから、律儀。   メジャー[壺算] 、同じことの繰り返しを盛り上げて演じた。  八叟(はっそう)[指南書]、珍しい噺に挑戦。先代の馬の助師が演っていたという。 あたしは聞いた覚えがないのだが、演ってたのかぁ、、。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・3・12(水)葛飾区立本田中学校、晴れ、70キロ

 葛飾区立本田中学校1年3クラス。  萬窓[牛褒め]、圓窓「無言扇子仕種」。  中村校長は江南小学校にいた人。  参観に教育委員会の人。「来年度は足立区の千住双葉小学校の副校長になる」という。  「落語の授業に伺いましょう」と。  「うちの生徒はおとなしくて」と校長。  やはり、返事も小さいし、高座体験をさせよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手拭いっ子連 2014・3・5(木)広場亭の稽古日。

 広場亭の稽古日。  6時30分のつもりで出掛けると、「5時30分からだったんですよ」と美城(びじょう)さん。  今日は時間のボケばかり。  そういえば、春木(はるき)が早めの稽古を望んだので5時30分開始にしたのだが、小生のボケ。 待っている時間もないからと、彼女は帰った。悪いことをしてしまった。  望木(のぞき)[…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・3・5(木)下石神井小学校、雨、70キロ

 練馬区立、  下石神井小学校、落語の授業、4年生2クラス。  本当は3クラスだったが、1クラスが風邪で閉鎖になった。  10時30分のつもりで窓輝を乗せて出掛ける。  9時30分、校長室に入ると、 「11時30分からですよ」と校長。  予定時間を早めて、落語の授業を開始してくれた。  ホワイトボードに、小生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演 2014・3・1(土)多古町の高齢者社会福祉大会、雨、70キロ

 多古町の高齢者社会福祉大会で講演。  テーマ「笑涯楽習」。  行き、京成のスカイライナーで成田第二空港で下車し、迎えの車に乗ることになっていた。  下車した改札から外へ出るところで、「本人の確認を」と言われて驚いた。  「飛行機に乗るつもりはありません。迎えの車に乗るんです」と言うと、  「ここは空港内のビルの中です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淑徳大 2014・3・3(月)サテライト、小雨、くもり、70キロ

 淑徳大サテライト。  昨日、多古町での講演の話をしてから、町は多古米が名物なので、テーマ「おまんま」。 吉窓[阿武松]、圓窓[短命]。   聴講生の小三九(こみっく)に扇子っ子連への新入の宮本への小咄テキストを渡す。  詩人の木坂涼さんが「絵本を作ろう」という講座を開いているのを壁のチラシで知った。  いつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講演 2014・2・28(金)木更津市の本立寺、晴れ、70キロ

 噺っ子連の、  南夢明(なんみょう)さんから依頼された講演。  木更津市の本立寺のおける日什大正大師の法要で講演。    本堂の入口側を会場としたが、本尊を左側、入口を右側に三列席の細長い会場となり、 ちょいと、演りにくかった。  いっそ、入り口を講演台にして本尊に向かってのワイドの会場としてやったほうがよかったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演 2014・3・1(土)千葉県多古町、雨、70キロ

 多古町の、  高齢者社会福祉大会で講演。  テーマ「笑涯楽習」。  行き、京成のスカイライナーで成田第二空港で下車し、 迎えの車に乗ることになっていた。  下車した改札から外へ出るところで、「本人の確認を」と言われて驚いた。  「飛行機に乗るつもりはありません。迎えの車に乗るんです」と言うと、 「ここは空港内のビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・2・22(土)[三人旅]、70キロ

 [三人旅]を通しの、  高座本として作成を急いできたが、今月中に出来るかなぁ、というペース。  [三人旅・発端][三人旅・馬][三人旅・鶴屋][三人旅・押し競]と丁寧に口演する ともちろん、二時間はかかるだろう。  噺の質は違うが、圓朝の長い作品を読むと、そのほとんどが発端部分が世に残っている。  が、この三人旅の[…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2014・2・23(日)国立演芸場、晴れ、69キロ

 国立演芸場の  国立名人会。[武助馬]。  声はなんとか出たが、調子はまだまだ。  各連から鑑賞者があって、嬉しい。ワッフル、真仮名(まかな)、朝夕(ちょうせき)、 倉寿(くらす)、永久(とわ)、賛凱(さんがい)。    二度の大雪の道を歩いたのが響いたか、腰痛の再発の兆候。  あたしは下痢も伴うので、ここへきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2014・2・19(水)千早亭の稽古日、晴れ、70キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  交流、羽織っ子連・要亭長矢(ながや)[花見酒]        ちょいと訛りが気になるが、上下の目線がしっかりしてきたようだ。     要亭貴尾(たかお)[転宅]、上下の振り方が柔らかくて綺麗。色気を増した。        「どうして?」と訊くと、「師匠からお梅に色気がない、と言われましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞かせっ子連 2014・2・8(土)深沢亭の発表会、雪、70キロ

 連員はすくないが、  祈願の第1回の発表会。  雪の降りしきる中、深沢小学校の研修室を会場として開かれた。  昨日の内にセッテングをしておいたので、雪が降ってもなにするものぞ。  「中止にしましょう」の声は一言も出なかったのは、嬉しかった。  おわって、深女(ふかじょ)からのメール。  「圓窓師匠、今日はありがとう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2014・2・16(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  見学者が三人あって、賑やかだった。  一人は、御茶ノ水大学付属の小学校3年生。  人の稽古を聞きながらの笑い顔が可愛い児童。  「落語は本で読んでます。本にあった小咄を友達と演りっこしてました」と。  一人は、お笑い芸人を目指しているという人。  もう一人は、「人前では緊張して困…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語っ子連 2014・2・16(日)三流亭の稽古日。晴れ、70キロ

 落語っ子連・三流亭の稽古日。  今回から落語っ子連・三流亭の稽古時間が午前9時〜12時に変更して初回の稽古会。  昨日の降雪の影響もあり、交流の紅巣亭の童心を含め四人での稽古となりました。   演読、新参(にっさん)[天災]   口演 百梅[出来心]   口演 仙三[松山鏡]   演読 童心[天災] …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・2・12(水)深谷市立桜ヶ丘小学校、晴れ、70キロ

 #深谷市立桜ヶ丘小学校は、  小生の落語掲載の教科書の採択校。  校長は、吉井恵美子校長。「今年度で引退するので、どうしても落語の授業は しておきたかった」と言う。  では、「次の校長に落語の授業を続けるように申し渡しをして」と、小生はお願いを しておいた。  実現するかな、、、?  4年3クラス。100人近い児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演と落語 2014・2・5(水)相模原市高齢者支援、晴れ70キロ

 主催は、  相模原市高齢者支援事業推進講座。  テーマ「笑涯楽習」。  自運転車のつもりでいたが昨日の雪で、運転は危険と判断して、小田急で。  声が不安なので、吉窓を連れて手伝わせる。彼[ぐつぐつ]。  小生、落語は「ボケ防止になる」「教育的要素がある」などと講演。  そして、「思い描く能力が増す」と、扇子を使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語っ子連 2014・2・2(日)三流亭の稽古日、晴れ、70キロ

 落語っ子連・三流亭の稽古日。   窓口(まどぐち)[試し酒]   千公(せんこう)[時蕎麦]   流三(りゅうざ)[鰍沢]   百梅(ひゃくばい)[出来心]   仙三(せんみつ)[松山鏡]   越児(こしじ)[井戸の茶碗]     読み稽古というと、誰しもが、たぶん目読から始まるだろう。  そして、音読して、朗読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淑徳大学 2014・2・3(月)池袋サテライト、晴れ、70キロ

 淑徳大学サテライト。  まずレクチャーは吉窓と対話で進めて行く。  彼からの意見、感想から広がっていくので、楽しい。  今日は仕方噺をテーマに、仕種の話もして、[死神]の話題になった。  吉窓に「この噺を知らない人に梗概を話してごらん」と演らせる。  高座ではなく立ったままで、7,8分かかっていた。  こんなことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・1・24(金)杉並区松の木小学校

 杉並区松の木小学校、  4年生への落語の授業。  ここの高橋校長は小生の落語の授業を応援してくれていて、4年生の落語の授業だけではなく、 学校事務職員への落語鑑賞の集いも企画してくれた。  けして慰安、余興ではなく、児童の教育に落語は不可欠だとの信念を持っている人物である。  実にありがたい。  落語の授業の中で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噺っ子連 2014・1・30(木)有難亭の稽古日。

 噺っ子連・有難亭の稽古日。  宝須(ほうす)[松竹梅]、三人の稽古風景よし。  貫学(かんがく)[権助魚]、上下の目線が、まだまだ。  真仮名(まかな)[芝浜]。毎回、稽古のとき、マクラで「女が出来ない、出来ない」と 愚痴のように言うのはよくない。「やるんだ」という気迫を漂わせるようにしよう。  耕作(こうさく)[粗忽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2014・1・30(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、曇り、70キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  江東区古石場センター  咲多(さきた)[井戸の茶碗]。    台詞の覚えは早いようで、いいのだが、基本が薄くなって来ている。    手の使い方、置き方に気を使って、女、男をだそう。    落ちも話相手の目を見て語ろう。    台詞を記憶するだけでなく、基本を身に付けよう。  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2014・1・27(月)千川亭の稽古日。晴れ、70キロ

 洒落っ子連・千川亭の稽古日。  肌乃(はだの)[壷算]。    同じような台詞の繰り返しを、どう厭きさせないで聞かせるか。    人物の感情の変化を表現することに尽きるかな。  読ませ稽古、ニ童(ふどう)[湯屋番]。    調子の良さに加えて、感情表現が加わればなおよし、なんだが、、、。  読ませ稽古、八百紙(やおがみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・1・27(月)駒本小学校4年生、晴れ、70キロ

 文京区立の、  駒本小学校4年生1クラス、落語の授業。  窓輝[ぞろぞろ]、圓窓[扇子仕種]。児童が「手拭い仕種」  全校児童の大縄飛びの学年別の回数記録が廊下の壁に貼り出してある。  見ると、4年生が高学年を押さえてのダントツである。  石坂校長にそのことを言うと、「4年の担任が体育系の教師でして」と。   …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高座 2014・1・20(月)紀伊国屋寄席、晴れ、70キロ

 紀伊国屋落語会、  [猫定]。  先週の土曜の朝、声が可変しいので田淵医院へ行って風邪の薬を貰って 飲んではいるが、声もガラガラ。  稽古はしたが、駄目。  たい平が[おかめ団子]を演っていたが、素直な口調の感じ。  帰り、桂花ラーメン。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

語りっ子連 2014・1・16(木)紅巣亭の初稽古。晴れ、70キロ

 語りっ子連・紅巣亭の初稽古。  空母(くうぼ)[牛褒め]、覚え込みつつある。いつもの癖がだいぶ少なくなった。    聞いていて楽になった、、、。  節々(ふしぶし)[武助馬]、以前、稽古していた噺。リクエストがあって、この噺を選んだとか。  咲多(さきた)[井戸の茶碗]、侍が二人登場するので、言葉使いをしっかりと掴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2014・1・14(火)千早亭の初稽古

 扇子っ子連・千早亭の初稽古。  交流参加、羽織っ子連・要亭寒雷(さむらい)[山号寺号]。     台詞の語尾が消える癖、語尾を急がす癖を早く直そう。  同じく交流参加、貴尾(たかお)[元犬]。     前回が忠四郎以外の人物がとても怖そうだったので、今回はそれを    修正したようだが、逆に優しさが溢れた人物になったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2014・1・14(火)墨田区立横川小学校。晴れ、70キロ

 墨田区立横川小学校、  4年2クラス。  吉窓を連れて出向く。  この学校、二十五年度は6,5,4年生に向けての落語の授業を企画してくれた。  ここは教育出版の国語の教科書の採択地域なので、小生の口演の掲載の[ぞろぞろ]の 勉強を終えたとのこと。  今日は吉窓にライブ[ぞろぞろ]を演らせる。  終って、「メロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2014・1・14(火)巣鴨信金

 近所の巣鴨信用金庫へ、  久し振りに出向いた。  おや…、店舗内が静かなんだ、これが、、、。  いつもは、客が入店すると、店舗内で作業をしている店員の全員が一斉に 『いらっしゃいませこんにちは』って、二つの語を繋げて不協和音の挨拶を発するのだ。  うるさいだけじゃなく、不愉快で、気分が悪くなってしまうことがあった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・1・12(日)[人情八百屋]。晴れ、70キロ

 高座本[人情八百屋]の  校正に入ったので、近々製本する。  この噺はーーー。  二人の孤児を引き取った鳶の所へ、八百屋が「あたしに引き取らせてください」と名乗り出た。  さぁ、鳶の夫婦、八百屋の夫婦が孤児を囲んで問題をどう乗り越えるのか。  この人間の生き様を演者がどう考え、どう表現しするか。  編集して、ドキド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2014・1・13(月)千川亭の発表会3

 打上げは三原庵。  八師(やつし)、肌乃(はだの)のかみさんも参加して賑やか。  客席で聞いていた他の稽古連の連中が5,6人、この庵にも来ていて、歓談していた。  覚えた噺を演るだけではなく、他人の噺を聞くのも勉強。  総じて、プロ、アマを問わず、他人の噺を聞くことを重ねると上達も早い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2014・1・13(月)千川亭の発表会2

 千川亭の発表会2  龍士(りょうし)[抜け雀]。     大きな声ではないが、明るい感じの声は捨て難い。    絵札(えふだ)[普段の袴]。     さすが声優、声質は抜群。  八師(やつし)[時蕎麦]。     これまでに落語を演ってきたときの癖なのだろう。蕎麦代を払うのに体を上下させるし、    二番目の男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2014・1・13(月)千川亭の発表会1 晴れ、70キロ

 第3回 洒落っ子連・千川亭の発表会。  肌乃(はだの)[蒟蒻問答]。     入連当時からイントーネーションにちょいと難があるのだが、少しずつ取れてきて、    ついにこの大ネタに挑戦。     根が真面目で稽古好きになったので、その成果は覿面。     秦野から聞きに来た連れ合いも合格点を出したことだろう。  喜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2014・1・11(土)[指相撲]

 真仮名(まかな)から、  稽古で上げた[指相撲]の感想文が送られてきた。  今までとは違う観点から噺を見詰める姿勢はとてもいい。  早速、高座本の考察集に載せる。  ついでに、江戸崎の住人の内田氏の作詩した稲妻雷五郎の歌〔相撲道〕も 譜面までは無理だが載せる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more