読書 2014・8・15(金)終読、晴れ、71キロ

 読書。

 このところベッドで読み続けていた〔わんぱく天使〕: J.M.デ・ヴァスコンセロス、
岡本浜江の翻訳をやっと終読。
 洋物はほとんど読んだことがないので戸惑ったが、主人公の子供のゼゼに魅了された。

 あと、池宮彰一郎著〔忠臣蔵夜咄〕を一気に読んだ。
 ますます忠臣蔵の面白さを味わった。
 幕府も大石も真実を披瀝せずに事を運んだのが、結果、面白さを増大させたことになる。
 忠臣蔵物はこの先も永久に書き手も読み手も後を絶たないだろう。

"読書 2014・8・15(金)終読、晴れ、71キロ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント