日暮 2011・10・11(火)継鹿尾山寂光院へ。

 落語の授業のあと、

 犬山に回って、継鹿尾山寂光院へ。

 実は、もう20年近くになるか、、、。
 ここで、講演をしたことがあり、その縁で、名古屋で住職と二人会を開いた
ことがある、、、。
 
 そんなことで、ぶらーーーと、、、。

 犬山の駅から乗ったタクシーの運転手が「十一月の紅葉の頃がいいですよ」と。

 着いてみると、あの頃とはガラーッと様子が変わって、立派な寺院になっていた。
 本堂まで6人乗りのモノレールが設備されていた。
 乗ってみた。
 90度もあるんじゃないかと錯覚するような山肌を登っていくではないか、、、。
 「これは遊園地の乗り物ではありません」と貼り紙がしてあった。
 料金は、「一人200円以上、志納してください」と貼り紙に。


 

"日暮 2011・10・11(火)継鹿尾山寂光院へ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント