聞かせっ子連 2016・3・18(金)深沢亭の稽古日、晴れ、71,0キロ

 聞かせっ子連・深沢亭。

 児童が大勢いてそれぞれ一生懸命に稽古を重ねている。
 今日は、ゲンゲ、ジュンジュの二人が卒業生を祝う会で深女(ふかじょ)と
一緒に稽古した落語を披露するというので、小咄を稽古。
 豊歩(ほうぷ)[四人癖]、ネンネ[一目上がり]、ミーナ[平林]、アーヤ[狸の札]。

 一人ずつ褒めましょう。
 ネンネ[一目上がり]。この噺の中には詩歌がどっさり披露されている。
それを棒読みではなく、ちゃんと詩歌のその雰囲気を掴んでいるような調子で
読み上げるのには感心をしてしまう。
 大人だってこうはいかないだろう。
 大人よ、一度ネンネの[一目上がり]を聞くといいよ。

 深女(ふかじょ)[蚊戦]、貴生(たかお)[草鞋の裏]、走女(そうじょ)[時蕎麦]、先陣(せんじん)[鶴]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック