高座本 2014・3・17(月)[奉加帳]

 高座本[奉加帳]、

 これはあたしの創作だから、だぁれも知らない噺。

 幕末の江戸。寄席芸人の多く住む長屋へもぐずりこんだのが、歴史上の人物。
 官軍の目が厳しい中、品川沖に行きたいと言い出す。
 芸人たちが座敷に出向く様をして、そして、歴史上の人物を噺家の弟子として荷を
持たせて街へ出る。
 愛宕下へやってくると検問。
 ここを愛宕(安宅)の関と洒落込んで、勧進帳のパロディーよろしく突破しようとする。
 山伏問答の向こうを張って、可笑坊円芸と戸梨寒衛門が落語問答を繰り広げられる。

  さて、歴史上の人物は誰か?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック