高座本 2014・1・12(日)[人情八百屋]。晴れ、70キロ

 高座本[人情八百屋]の

 校正に入ったので、近々製本する。

 この噺はーーー。
 二人の孤児を引き取った鳶の所へ、八百屋が「あたしに引き取らせてください」と名乗り出た。
 さぁ、鳶の夫婦、八百屋の夫婦が孤児を囲んで問題をどう乗り越えるのか。
 この人間の生き様を演者がどう考え、どう表現しするか。
 編集して、ドキドキワクワクした。

 あたしが故談志さんから教えてもらった唯一の噺。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック