語りっ子連 2013・12・22(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。

 奥江戸(おくえど)、[松竹梅]。
  太郎冠者を「たろうかんじゃ」と読む。無理はなかろう。狂言の趣味のある人なら、
  「たろうかじゃ」と読むであろうが、、、、。
  紙芝居「寿限無」が欲しいという。
  彼は、なんと圓窓高座本を一号から今日現在までの全号を注文している。
  読んでいるのかなぁぁぁ(笑)

 熱太(あつた)[時蕎麦]。
  売り声の声を大きく、と指摘。

 羽夢一(はむいち)[井戸の茶碗]。
  生真面目な男なので、圓窓高座本通り、みっちりと45分は演る。
  短縮するのも芸の内だよ、と言うのだが、、、。

 好夢(こうむ)[お見立て]。
  仕種をしっかりと演るので面白さが倍化している。

 小曲(こまがり)[鶴]。
  顔の変化が相当にある。武器になるかも、しれない。

 空母(くうぼ)[太鼓腹]。
  大腸のポリープを取ったとのこと。出血はなかったとか。この噺は出血する。

 前回、見学した学生、早速、入連。小咄の稽古。

 今回の見学者。熊本の出身。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック