聞かせっ子連 2013・4・26(金)深沢亭の稽古日、晴れ、67,75キロ

 聞かせっ子連・深沢亭の稽古日。

 読ませ稽古、深女(ふかじょ)[萩褒め]。
   仕種はしっかりと説得力を持った技を身に付けなければ。
 
 読ませ稽古、倉寿(くらす)[一目上がり]。
   今日の疲れ切った口調は在籍する会社の引越し作業のせいだろう。

 させ稽古、朝夕(ちょうせき)[鶴]。
   前回より進み、前半を超えた。
   焦ることはない。習うよりは慣れろも大事なこと。

 朝夕(ちょうせき)さんは、毎朝、毎夕、深沢小学校近くの庚申塚の五差路に立って、
登校する児童たちへ声をかけて保安を規している。
 たぶん、交通事故の発生しやすい道路状況なので、それを防いでいることにもなっている。
 「児童と挨拶を交わすんですが、一人だけ、無視するかのような子がいましてねぇ」と笑う。
 でも、そんな子もいつか挨拶をするようになると、あたしは思う。
 朝夕(ちょうせき)さんもそう思っていることだろう。

 そんなことがあっても、もう七年も続けているような、、、、。
 駒澤の町会長もやっている人物。
 朝夕(ちょうせき)という芸名も、そんなところから命名した。

 終って、近くのレストラン華屋で深女(ふかじょ)と昼食。
 ついでに、近辺をの歴史散策。
 医王寺の山門に〔旧深沢小学校跡地〕の石碑があった。
 その近くの五差路にある深沢不動へ。
 深女(ふかじょ)曰く「近所に長年住んでますが、境内に入ったのは始めて」と。
 「江戸みち」「ふかざわへ」と刻まれた昔の石柱の道路標識がなんとなく
保存するかのように建てられていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック