落語っ子連 2012・8・12(日)三流亭の稽古日。曇り、67.0キロ

 落語っ子連・三流亭の稽古日
 
 千公(せんこう)[扇子活用の小咄]。次は、縦と横の会話の小咄を。
 させ稽古、窓口(まどぐち)[不動坊]。短縮した形を稽古する。
 させ稽古、仙三(せんみつ)[町内の若い衆]。形になってきた。
 させ稽古、百梅(ひゃくばい)[替わり目]。感じのいい酔っ払いで、いい。
 させ稽古、まど絵(まどえ)[金明竹]。盆で国へ帰って親の前で演る予定だという。
この噺、去年、発表会で演ったことがある。しっかりと身に付いている。

 初の参加予定のIさんは先日、高波に浚われて腰を打ったので、休み。
 名前を考えていた矢先だったのに、、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック