落語っ子連 2012・4・1(日)第2次のスタート。晴れ、67キロ。

 第2次、落語っ子連スタート。

 会則を披露。
 会長を流三、会長。副、窓口。
 予定の中に「年に二度の発表会をする」というのがある。積極的なことはいいこと。

 参加者、無弦。見学、小山(流三の落研先輩)。

 選席。
 流三(りゅうざ)[鬼子母神 藪中の蕎麦]、窓口(まどぐち)[片棒]、小山[禁酒番屋]、
無弦[笠碁]。まど深(まどみ)[目黒の秋刀魚]

 読ませ稽古、流三[鬼子母神 藪中の蕎麦]。
 また小生の創作を選席してくれたので、ちょいと興奮気味で聞く。
 貴重な豊島区の関連噺になってくれればいい、、。

この記事へのコメント

流三
2012年04月02日 22:42
師匠
色々ありましたが、心機一転「第2次落語っ子連」をスタートさせることができました。
落語を演りたい人が、思い切りやれるグループにして行きたいと思います。
引続き、ご指導をお願いいたします。
圓窓
2012年04月03日 01:11
流三(りゅうざ)さんへ。

>> 落語を演りたい人が、思い切りやれるグループにして行きたいと思います。

 積極的に交流稽古会をして、お手本になるような連にしましょう。

この記事へのトラックバック