高座本 2012・3・27(火)[石一つ]。晴れ、67,0キロ

 ジョナサンで

 羽織っ子連・要亭の長矢(ながや)さんと会って高座本[石一つ]の推敲。

 長矢曰く「顕道先生の遺娘の翠さんが『仙台で顕道作品で講談と落語の会を
企画してますよ」と。
 あたしはあたしで「長矢さん。落語以上に碁は巧いそうじゃないですか。是非、
この噺をどこかで演ってもらいますよ」と。

 すると、「あたしは[崇徳院]のような噺なら出来ますが、このような噺はちょいと…」
 そこで、あたしは「[崇徳院]で使った登場人物に感情移入するテクニックが出来れば
大丈夫です」と助言。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック