噺っ子連 2011・8・11(木)有難亭の稽古日

 噺っ子連・有難亭の稽古日。

 させ稽古、真仮名[十徳]。柔らかに表現出切るようになった。隠居がいい。

 させ稽古、七福[雛鍔]。慣れてきた。

 させ稽古、亀笑[蕎麦清]。ザラザラせず、流れのような物が出てくれば
いいのだが、、。

 小龍「シンガポールの話」。

 彫太と長塀に聞かせ稽古。[釜泥]

 終って、すぎの屋。
 とまと汁蕎麦を注文。

この記事へのコメント

真仮名
2011年08月13日 11:55
師匠へ

>柔らかに表現出切るようになった。隠居がいい。

ありがとうございます。
語尾も柔らかく表現出来るようにがんばります。

好きな殿方の前でも
自分の気持ちを柔らかく表現出来れば
良いのですが。。。(笑)

真仮名
圓窓
2011年08月13日 12:17
真仮名さんへ。

>> 語尾も柔らかく表現出来るようにがんばります。

 個々の登場人物の気持ちを捨てないように、話すことだね。

>> 好きな殿方の前でも自分の気持ちを柔らかく表現出来れば良いのですが。。。(笑)

 そう。いつも笑顔で、、、、相手の目を見て話すこと、、。
 落語の稽古のときにあたしが言っていることと同じだよ、恋愛も、、、、。

この記事へのトラックバック