落語っ子連 2011・5・22(日)三流亭へ組の稽古

 落語っ子連・へ組の稽古。

 させ稽古、流三[佃島]。
 噺の稽古の基本の一つ。噺の状況を思い描き、感情を掌握、言葉を
覚えることを理解してくれている。
 後半、船頭が次郎兵衛の家の前まで送りに来て上がらずに帰るという
不自然さが残るのを解消したいと、提案。

 させ稽古、窓口[明烏]。人物を表現しようとすると、堅い怖い顔になる。
 
 読ませ稽古、まど絵[火事息子]。
 マクラの口調は安定してきた。台詞を力まずに言えるようになれば、なお良し。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック