こんな話 2011・5・1(日)曇り、69,0キロ。〔ヒナン〕

こんな話12〔ヒナン〕

 落語の若旦那物の場面によく使われる都々逸がある。
 〔意見聞くときゃ頭をお下げ 下げりゃ小言は通り越す〕

 徳三郎という若旦那は、道楽の果て、なんとか改心をして、今では苦労
の末、船頭となって暮らしている。
 そんな若旦那に東日本震災のことを訊いてみた。

 ーーー この度の震災について?
 「避難生活を送っている人たちの苦労は計り知れないなぁ。あたしがしてた
居候より辛いはずだ」
 ーーー 一方、東京電力の胸中は…、どうなんでしょうね…?
 「こう思ってますよ。『我々だって、ヒナン(非難)の真っ只中にいるんだ』って」
 ーーー と言うと?
 「だから、口でなに詫びようとも、腹の中はひたすら都々逸なんですよ……」
 ーーー 都々逸? この最中に?
 「非難聞くときゃ頭をお下げ 下げりゃ罵声は通り越す……」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック