高座 2011・4・29(金)余話 含笑長屋

 名古屋の含笑長屋。

 その砂山世話人から電話。
 「6月24日、どうでしょうか?」
 「よろしく。窓輝をつれて行きますから」

 主幹の関山先生から教わってきた仏教のおかげで、「寺と蕎麦」の
繋がりから、創作も数席になったので、 〔とじ太くん〕でシリーズ本として、
贈呈した、、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック