落語の授業 2月16日(火) 足立区立弘道小学校。

 落語の授業。足立区立弘道小学校。

 (教科書〔圓窓口演の落語を掲載〕の採択地区)

 過日、あたしが鼻血を出した学校。
 あたしの全快を待ってくれての、授業。

 4人の子たちが、教科書で覚えた[ぞろぞろ]の一場面を高座で披露。
 あたしが、それぞれにコーチ。

 「[ぞろぞろ]のどこを演るの?」というあたしの質問に的確に答えられない
子がいる。
 「おじいさんが散歩にでかけるところ」とか、「わらじがでてきたところ」とか、
「床屋がお参りするところ」とか、一言か二言に要約して答えてもらいたかった
が、それができない。
 「え?」「え?」と首を捻っているばかりの子もいる。

 丸暗記も勉強かもしれないが、他のいろんな触れ方も必要なんだな、
と実感。
 
 ここは、子たちに多種の体験を積極的にさせている学校なのに、、、、。

 西山担任にも高座体験を。
 落研に所属していたとかで、小咄を披露していた。
 終ってから、「頭の中が真っ白になりました」と。
 教師も落語の勉強を、、、、、。(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック