打ち合わせ 12月7日(月) 国立演芸場

 国立演芸場の中席の公演で、

 四日間だけだが、照明を活用して[水神]をかけてみようと、その打ち
合わせ。
 エンディングは客席にも夕焼けの赤で染めたいと、願望を出す。
 やりましょう、と色よい返事を貰う。
 
 昔、あたしに宙乗りを演らせてくれた寄席である。頼もしい。

この記事へのコメント

流三
2009年12月09日 08:40
「さすが国立!」ですね。
楽しみにしています。

国立演芸場の緞帳は、先日新調されたばかりでの「赤富士」ですから、夕焼け空に烏が飛んだ後に、赤く染まった富士が見られるという訳ですね。
まど音
2009年12月09日 20:06
十四日に参ります。ピアノなしバージョンもまた好きです。宙乗りは、何の演目でなさったのですか?観たかったな~。
流三
2009年12月11日 07:48
師匠いよいよ今日から国立演芸場ですね。
私は、明日(12日)に聴かせていただきます。
圓窓
2009年12月11日 21:16
流三さんへ。

>> 国立演芸場の緞帳は、先日新調されたばかりでの「赤富士」ですから、夕焼け空に烏が飛んだ後に、赤く染まった富士が見られるという訳ですね。

 うまくいけばね、、、。(笑)
圓窓
2009年12月11日 21:18
まど音さんへ。

>> ピアノなしバージョンもまた好きです。

 素噺ですね、、、、。
 みんな違って、みんないい、、、。

>> 宙乗りは、何の演目でなさったのですか?観たかったな~

 猫定です。
圓窓
2009年12月11日 21:19
流三さんへ。

>> 師匠いよいよ今日から国立演芸場ですね。
私は、明日(12日)に聴かせていただきます。

 はぁぁぁい。

この記事へのトラックバック