啓進塾 4月3日(金) 戸塚・新六年生

 啓進塾・戸塚・新六年生。[平林]。

 出掛けに、時計と手首輪がないと気が付く。昨日の授業の教室に
落としたようだ。着いてから訊いたら、あった、あった。

 山手線の田町駅で人身事故があったとかで、湘南新宿ラインも混む。

 啓進塾戸塚、学校休み中はいつもの10時30分。今日は、いやに静か。
児童の姿がない。
 「師匠。今日は16時30分からです」
 「え!」
 またぼけた。
 どうにも止まらない。

 それまで、外へ行ってつなぐ元気もない。
 仕方ないので、控室で本の校正をしてたら、「昼飯どうですか」と、
誘われ、戸塚区舞岡町の「かまくら」という蕎麦屋。
 「天婦羅付き桜きり」を馳走になる。
 小さく刻まれた桜葉が打ち込まれた、ピンク色した蕎麦。桜の香りがする。
花びらの粉末でも入っているのかしら。

 食べながら先生方と蕎麦歓談。
 小生のソバリエ検定委員のカードを見せる。
 「蕎麦屋に入ってこのカードを見せると、割引きになるんですか?」
 「そんなことはないよ。返って、能書きばかりたれるので、嫌がられるかも」
 (笑)(笑)

 やっと、夕方。
 漢字の読み方あれこれを児童とする。
 「三」を「シャ」と読む子がいて、「?」となった。
 「三味線」のシャ、だという。
 やられた!!!

 昨日は「下」を「へ」という読み。
 「下手」の、へ、です、だって。
 これも、やられた。

 落語の授業で、子たちにやられっ放し、、、。
 勉強になる。楽しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック