テーマ:語りっ子連

語りっ子連 2012・7・8(日)紅巣亭の稽古日。

 参加者が多かった。  羽夢一(はむいち)[粗忽長屋]。    顔に笑顔が溢れるようになった。この噺の稽古、上がる。次は[天災]  読ませ稽古、真直(まっつぐ)[十徳]。    いい調子。次は本なしで演れるだろう。      読ませ稽古、文具(ぶんぐ)[湯屋番]。    先へ進んで読む。      させ稽古、オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・7・5(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、66,0キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、咲多(さきた)[釜泥]。    徐々に口調が素直になりつつある。故正蔵(8)口調を感じて懐かしかった。  させ稽古、才工(さいく)[寿限無]。    坊さんに命名をしてもらうところまで。    とりあえず、大声で搾り出す発声を直さなければならない。  読ませ稽古、鶴女(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・6・24(日)紅巣亭の稽古日。

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日  見学者Mさんの自己紹介。    鉄人レーサー。5ランクあって、まだ一番下だというが、頼もしい。  させ稽古、文具(ぶんぐ)[湯屋番]。    その続きを読み収録。  羽夢一(はむいち)[粗忽長屋]。    顔に柔らかさが出てきた。粗忽者の二人が区分けされている。  一声(ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・6・21(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、67,0キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。    咲多(さきた)[釜泥]。   恥ずかしがらず、恐がらず、思い切って表現するところがいい。  節々(ふしぶし)へ[初音の鼓]を収録。  鶴女(つるじょ)、「いずれ英語落語として[お菊の皿]を演りたいので」と言う。   それは既成の英語版にあるので、新規に鶴女(つるじょ)英訳の噺に挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・5・31(木)晴れ、65,0キロ

 ブログ、再開。  中席の末広亭は勤めたが、その後、また風邪でダウン。   弱くなったなぁぁぁ と実感す、、、、。  浅草演芸ホールも休演させてもらった、、、。  今日、語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、咲多(さきた)[釜泥]。   もう本を見ずに演れますと、今日はさせ稽古。   上下目線もしっかりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・5・17(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、66,5キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。寄席は休む。  咲多(さきた)へ[釜泥]を収録。  彼の商売の花のことを訊いた。  切り花、鉢物、枝物。小咄を作ろうと思っている。  させ稽古、節々[武助馬]。  この噺には対話の上下目線、縦に並んだときの目線、横に並んだときの目線の 三種類の目線を使い分けなくてはならないことを指摘する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・5・13(日)紅巣亭の稽古日。

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、小音澄(こねずみ)、英語で[厩火事]。  厩はステイブルと言うそうだ。[ファイヤー アット ザ ステイブル]。  続けて、読ませ稽古、小音澄(こねずみ)、日本語で[厩火事]。  英語は読まずに出来るのに、日本語はまだという。  あたしには英語のほうが立派にそうに見聞出来るから面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・4・29(日)紅巣亭の稽古日。

語りっ子連 2012・4・29(日)紅巣亭の稽古日。  読ませ稽古、文具(ぶんぐ)[湯屋版]。  出だしの3分の1辺りまでは、単調な展開なので、それを承知しながら演るとよい。  力むことはしないで、、、。  読ませ稽古、真直(まっつぐ)[寿限無]。  素直に読んでいるのだが、そのままで落語口調になっている。  声もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・4・19(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、66.5キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、咲多(さきた)[平林]。  読み方を教える人(みんな間違っているのだが)の個性を出して肉付けを しているのが楽しい。上下目線がしっかりとしてきたのが、とてもいい。    節々(ふしぶし)[武助馬]。  この噺、後半は舞台と客席を描写するので、どうしても疲れが出てくるのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・4・15(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  心童(しんどう)へ聞かせ稽古で収録、[おはぎ大好き]。  「熊本から稽古に通っているんだから、熊本に因んだ噺を覚えて演ってください」と この噺の稽古に入る。  「熊本弁に訳してやってよ」とも。  読み聞かせ稽古、羽夢一(はむいち)[粗忽長屋]。  小生、一、二度しか演ったことないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・4・5(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、67キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  読ませ稽古、節々(ふしぶし)[武助馬]。    滑稽の芝居噺だが、安定感のある口調でないとこなせないもの。彼なら演れるだろう。  聞かせ稽古、収録、海日(シーディー)[寿限無]。    CD店に勤務してるので、こんな芸名に。    させ稽古、咲多(さきた)[平林]。    この噺、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・4・1(日)紅巣亭の稽古。

 語りっ子連・紅巣亭の稽古。  させ稽古、心童(しんどう)[十徳]。     しっかりとしてきた。次回は、熊本の話から小生が創作した[おはぎ大好き]を。  読ませ稽古、小まど(こまど)[蕎麦清]。     上下マークの活用ができるので、上達は一段と早くなるだろう。  才泉(さいせん)[寿限無]を収録。     カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・3・20(火)紅巣亭の稽古日 晴れ、67,0キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。    入院騒ぎがあって、稽古、復活。  羽夢一(はむいち)[一目上がり]。夢中になると顔が引きつる気があるので、 「〔素顔を笑顔〕にして落語をやるつもりで」と助言。  小音澄(こねずみ)に読み聞かせ稽古。[厩火事]。読みながら、高座本の ミスをいくつか発見。  文具(ぶんぐ)に読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2102・3・15(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、67キロ

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  読ませ稽古、オペラ[花色木綿]。   この段階ですでに感情移入が出来ているのは大したもの。  読ませ稽古、教吾(きょうご)[三方一両損]。   おもしろ落語図書館から取り上げたので、昔、小生が落ちを改良した作品を読んだ。   今はすでに陳腐になった感がある。   24年度の中学の国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2014・3・1(木)紅巣亭の稽古日

 そんなことで、久しぶりに外出。  電車で語りっ子連・紅巣亭の稽古へ。  電車の中のポスターがいやに目新しい。輝いているようだ。一つ一つ、目を通して見た。    節々(ふしぶし)に[後生鰻]を収録。次に[武助馬]の稽古もしてもらおう。  オペラへ[花色木綿]を読み聞かせて、収録。[長屋の花見]もしたいと言ってた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2012・1・29(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、心童(しんどう)[十徳]。    目の上下がしっかりしてきたので、格調高くなってきた。    「息子が高校入試に入るので、稽古は三月いっぱい休みたい」と。    合格を祈る、、、、。  させ稽古、小音澄(こねずみ)[時蕎麦]。    あたしが[厩火事]を収録する予定だったが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

語りっ子連 2012・1・26(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、70キロ。

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  読ませ稽古、咲多(さきた)[平林]。   ほぼ覚えてきたので、読ませ稽古であったが、仕種も付ける。  読ませ稽古、筆人(ひっと)[十徳]。   素直に読むことが出来るので、あとは楽。  させ稽古、節々(ふしぶし)[目黒の秋刀魚]。   上出来。次回は新ネタを。[武助馬]などはどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・11・17(木)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、オペラ[後生鰻]。  貪欲さは一番。感心する。  後日、オペラさんからメール。  「ありがとうございます。おばあさんが はっきり 表現できるかなあと、[後生鰻]の 稽古しています。やはり、前の川へボチャーンのボチャーンが、しっかりボチャーンと なりません。 師匠のボチャーンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・11・6(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  心童(しんどう)へ[十徳]を収録。  「先日の発表会の高座はとてもいい経験をさせてまらいました」としみじみ語る。  させ稽古、小音澄(こねずみ)[時蕎麦]。  目の上下に無意味なものをなくすよう、と。  読ませ稽古、文具[牛褒め]。  ヨロヨロの与太郎になってはいけない、と承知し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・30(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  羽夢一(はむいち)へ[一目上がり]を収録。  させ稽古[子褒め]。  させ稽古、オペラ[後生鰻]。  老人をどう描くか、だろうなぁ。    小まど(こまど)へ[権兵衛狸]を収録。  彼の考えた新しい落ちを演らせてみようと思っているので、それを収録。  前回、見学の久保田さんへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・23(日)紅巣亭の発表会

 第2回 語りっ子連・紅巣亭の発表会。  会場、江東区古石場文化センター2F 第1、第2研修室。  第一部 14:00開演。      筆人(ひっと)[釜泥]。初高座のことゆえ、緊張したことだろう。でも、         稽古の効果は充分に出ている。      オペラ[時蕎麦]。きめ細かく思案するのには感心する。蕎麦屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・20(木)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、節々[くしゃみ講釈]  くしゃみと講釈がまた一段と巧くなった。  オペラ[時蕎麦]  登場人物四人の仕分けが出来つつある。  鶴女[鶴]  優しさのある噺っ振りは好感持てる。  筆人[釜泥]  「うん」「うーん」という口癖がなかなかとれない。とれればよし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・16(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、心童(しんどう)[寿限無]。  目の上下が崩れずしっかりしているのはとてもいい。  他の人への見本にもなりそう。  させ稽古、小音澄(こねずみ)[垂乳根]。  力みがとれて聞き安くなった。  羽夢一(はむいち)[十徳]。  なにごとも一生懸命になる性格なんだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・9(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  聞かせ稽古、夜舟[権兵衛狸]。  新人の高田さん、住まいは白河とのことなので、夜舟(よふね)と命名。  させ稽古、羽夢一(はむいち)[十徳]。  出来上がっている。あとは、もう少し、力み抜いて柔らかく優しく演ずると なおいい。  させ稽古、文具(ぶんぐ)[子褒め]。  同じく出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・10・6(木)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  節々(ふしぶし)、読み聞かせ稽古[目黒の秋刀魚]。  「受け取りました[目黒の秋刀魚]の高座本(テキスト)、ページが飛びとび でした」と節々(ふしぶし)。  あらら、失礼しました。そこで改めて、、、。  させ稽古、教吾(きょうご)[町内の若い衆]。  お茶を飲むところ、どうしても酒を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・9・25(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連紅巣亭の稽古日。    小まど[ぞろぞろ]。  慣れてくると早口になり勝ち。とりわけ、マクラにそれが出るので注意。  小音澄[時蕎麦]。  仕事が多忙で稽古も休んでいたが、久しぶりに顔を出す。  個性のある[時蕎麦]を発揮した。  来月23日の発表会でこの噺を演りたがっていたが、稽古の日時が少な すぎるの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

落語っ子連 2011・9・11(日)語りっ子連

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日  させ稽古、心童[寿限無]。   あたしへの質問が多いので、応答しているうちにそれが芸談めいてくる   のがなんとも楽しい。   心童曰く「今日の稽古は熊本から来た甲斐がありました」と。  させ稽古、羽夢一[子褒め]。   力演するタイプから、顔が固く歪んでくるのはもったいない。柔らかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・9・1(木) 紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  せさ稽古、節々[くしゃみ講釈]  張り扇に見立てた高座扇子をもっと生かすといい。   読ませ稽古、教吾[町内の若い衆]。  六畳の狭い稽古場に通る声がビンビン響く。  「元校長とは言え、教室の授業だけではこういう声は身に付かなかったろう」と 問うと、「教室の窓から校庭の外れの児童に怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・8・28(日)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、心童[寿限無]。  この噺、初めてのさせ稽古。覚え度は85%。あと、この噺の分析かなぁ。  させ稽古、小まど[ぞろぞろ]。  細かい仕草も身に付いてきた。  させ稽古、踊女[洒落番頭]。  焦らず落ち着いて演ろう。  させ稽古、文具[子褒め]。  だいぶ慣れてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

語りっ子連 2011・8・24(水)紅巣亭の稽古日

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。  させ稽古、節々[くしゃみ講釈]。  上下のとき、首の移動が早すぎるようだ。台詞をしっかりと言い切ってから 上下を取ることが肝心。  聞かせ稽古、収録、教吾[町内の若い衆]。  [叩き蟹]を上げたので、今度は短い噺の稽古。  させ稽古、上手[権兵衛狸]。  顔の固さが取れて柔らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more