テーマ:コラボ

コラボ 5月25日(月) 稽古

 最近、だるいので木村医院へ。  注射も打ってもらう。  あと、コラボの稽古に竹さん宅へ。  グランドピアノの蕎麦に座って語るのだが、ピアノに圧倒されてアップアップ。  だいぶ、固まりつつある。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 5月22日(金) レッスン

 急に決ったNHKの録画撮りのために、前橋へコラボのレッスン。  [水神]。  子守唄。  べト(ベート-ヴェン)  ラフ(ラフマニノフ)  グリ(グリーフ)  などを選曲する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 5月18日(月) 打ち合わせ NHK「お好み演芸会」

 NHKの森プロデューサーさんから電話。  6月2日の「お好み演芸会」の録画撮りの出し物のことについて。  ピアノとのコラボ[水神]の話をしたら「それをやりましょう」と。  森さんも知らない噺なのでリハーサルをやりたいと申し出てOK。  芳賀の竹さんに連絡して稽古にはいることにした。  22、25日と芳賀へ通って稽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コラボ 5月16日(土) 余話 

 [水神]は、ピアノとのコラボをすることになっている。  ピアノの竹さんが聞きに来てくれたが、大ポカをやっちまったので、 参考にならなかっただろう。  悪いことをした、、、、、 反省、、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 5月12日(火) コラボ 余話

 ピアノの竹さんから携電の留守電あり。  「コラボ[水神]の曲は、ラフマニノフのこれを使う」と、自身がピアノを弾 いて留守電へ入れてくれた。  音が割れて、「グシャ-、、、」というノイズが入っているが、CDでその 曲は何度も聞いているので、見当はついた、、、。  「いいね」と返信。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 5月9日(土) ピアノ

 竹さんより、伝言。  「[水神]のラストシーン、グリーグのピアノコンチェルトからとりましょう。 編曲できました」と。  あたしはあの曲の出だしの「チャーン、チャチャチャ、チャチャチャ」が気に いってて、それがかつようできるなんて、嬉しい。今から、興奮。  やはり、夕焼けの中のお孝を見つけたときの曲にするらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 4月5日(日) 熊本の自然庵(じねんあん)

 夜7時から自然庵(じねんあん)という葬礼ホール。  会場は音楽にはもってこいの響き。  予想より多く、140人の入り。  圓窓[叩き蟹]。セロとピアノ・有泉夫妻。コラボ[セロ弾きのゴーシュ]。  開会の挨拶をした、ががんぼ俳句会の高橋さん。  その中に挨拶句が披露された。   セロの夜しだれざくらに母を見る   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 4月6日(月) 余話

 大森さんに「午前中にでも市内を案内しましょうか」と言われたが、  やはり疲れがだいぶ溜っているようなので、宿に14時までいて、 あと、大森さんに空港まで送ってもらう。    落下のせいか、肩、背中がちょっと痛い。  精神的の疲れのほうが大きいようだ。  やっと帰宅。  一人で演る落語と違って、コラボは緊張感から疲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 4月5日(日) 高座から落下

 さて、コラボの落ちを言い終えて、ホッとした、途端。  お辞儀をして高座から降りるとき、大惨事が起きてしまった。  店は三間間口で奥行きは十間ほどの、よくいう鰻の寝床のように細長い。  店主の大森さんは「元の持ち主は家へ来てはピアノの上で寝て帰って いるんです。ですから、ピアノの上に座布団を載せて高座にしましょうか」 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コラボ 4月5日(日) 熊本「468ながせ屋」

 「セロと落語のコラボ」。雨はあがって晴れ。二回の公演。  先ずは店を会場として。店の名を「468ながせ屋」。  この番号は手作りのピアン(スティーンウエイ)で特別ナンバーが刻まれる らしい。ピアニストの杉谷先生からこのピアノを譲ってもらった、大森さんは 嬉しくて店名に記した。  杉谷先生はときどき、この店に来てはピアノの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 4月4日(土) 前日立ち

 熊本へ。1025発。「468ながせ屋」へ。  有泉さんとのコラボ[セロ弾きのゴーシュ]のために前日立ち。  会主より「阿蘇を案内する」とのメールもあったが腰痛のこともあり、断った。  飛行中、「着の熊本空港、霧のために着陸がどうか」とのアナウス。  「自働に切り替えて挑戦します」とのアナウス。  挑戦には失敗がつきも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 1月31日(日) [セロ弾きのゴーシュ]。

 コラボ[セロ弾きのゴーシュ]。  ピアノも入れて有泉夫妻と。  会場は等々力の玉川区民ホール。  とはいうものの、車で駆けつけたんだが、「なんとかホール」の看板、 名称が車の中からは見えず、グルグル回って迷った。  借りた時間帯が少なく、点検、リハもままならず慌しいコンサートだった。  今まで小さな会場を中心として…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 1月21日(水) 千代田テクノル主催のチャリティーコンサート

 千代田テクノル主催のチャリティーコンサート。  ビブラフォンの増田一郎さんとの共同企画「ジャズと落語のコラボ」。  圓窓[浦島老人]、コラボは[ほうじの茶]。  久しぶりにジャズのライブを浴びて興奮する。やはり何事もライブはいい。    バンドの人たちは若手とは言いにくい。  あたしがアドリブで付けたバンド名「サン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 1月10日(土) [セロ弾きのゴーシュ]

 有泉さんとのコラボ[セロ弾きのゴーシュ]、いよいよ本番。  東京テラスに40名の入り。  有泉芳史さんの夫人はピアノニスの悠子さん。  悠子さんはコラボには参加してないが、夫のセロと競演。  あたしも客席から聞かせてもらった。  夫婦だと「コンチクショウ!、という気持ちが働いて盛り上がるのかい?」 と冗談を言ったほど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 1月9日(金) セロとの稽古

 コラボの稽古に東京テラス内のスタジオへ。  明日、このマンションのホールでリサイタル。  セロの有泉さんの女房と子供に乗り込む。  子は1年と三ヶ月の男の子で、やっと歩き出そうとしている最中。  ピアノをいじったり、セロを抱えたりもできるそうだ。  おかみさんは東京音大の出身のピア二スト。  明日のコラボにも参加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 11月24日(月) コラボ リハ

 コラボ[セロ弾きのーーー]。有泉芳史さんと。  菊池さんの友人の入っている東京テラス。  祖師谷大蔵駅近くの高級マンションの中に防音のスタジオがあって、 そこでリハ。  有泉さんより「ゴーシュ」とはフランス語で「左手」「なれない手つき」 「下手」という意味があると聞かされて、命名のことに感心した。  さすが、有…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コラボ 11月19日(水) チェロとリハーサル

 伊勢原の夢時鳩音楽院へ。  12月6日の「セロ弾きのゴーシュ」の稽古へ。  友人の軽部さんの息女がセロを引き受けてくれたので、やる気満々。  照明も使えるので、二度、稽古。  終って、近くの中華料理を馳走になる。  店内に宝、進、財、招の字を組み合わせて宝船の刺繍を施した布を 見つけて、感心しきり。  軽部さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 11月2日(日) [ぞろぞろ]

 2日、興善寺でコラボ[ぞろぞろ]。  今まで、篠笛の真理ちゃんとは何度かやってきたが、今回はやり方を ちょっと変えた。  あたしは[ぞろぞろ]の高座本を置かず、フリーでやった。  あとは真理ちゃんがあたしの噺を聞きながら、篠笛を入れたい箇所を 自由に決めて吹いてくれ、と頼んだ。  真理ちゃんはやりにくいだろうが、あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コラボ 10月27日(月) 稽古

 12月6日(土)にコラボをすることになっている。[セロ弾きのゴーシュ]  年に一度、落語会を開いてくれている伊勢原の軽部さん。  その娘さんと、こらぼる。  来年は、有泉さんともこの出し物でコラボることになっているので、楽しみ。  今日はその打ち合わせ方々、お嬢さんと稽古。  門前仲町のまど音さんの音楽教室を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 10月12日(日) 三度目のコラボ[叩き蟹]

 一宮市民会館。コラボ[叩き蟹]は三度目の公演になる。  クスグリに「一宮市は蟹ブームに湧いた。煮込みうどん屋の屋号が 〔かに屋〕。ライオンが蟹になってライオンズクラブ」と挿入して地元をヨイショ。       コーラスの子達に明るさが感じられ、快い。  まど音さんが母親を連れて東京から聞きに来てくれた。  西成小の校…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 10月11日(土) リハーサル

 昨夜の泊りは富士コーヒーの白川のマンション。  夕方、そこを出て、気が付いた。  名古屋の道路は英傑行列で渋滞。  明日のコラボのためのリハーサル。尾張一宮駅へ。  川松夫人の迎えで一宮市民会館(定員1600人)へ。  途中、薬のすぎやまへ寄って、鼻の薬。  今回はあたしの[叩き蟹]、音楽家のいう暗譜、あたしが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 9月23日(火) コラボ[叩き蟹]の稽古

 コラボ[叩き蟹]の稽古に一宮市へ。  コーラス団の発行の「かわら版」を貰う。  名古屋での公演の折、作曲者、指揮者、出演者にインタビューして いたが、それが載っている。  貴重なコーラス史の資料となろう。  明日、東京で対談があるので、帰京。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高座本 9月18日(木) セロ弾きのゴーシュ

 高座本を読んだ菊池さんから携電メール来る。  「師匠の文章のテンポのよさに落語の世界のゴーシュになつています。   登場する動物たち、武助馬の登場にはさすがのキャスティングと感心  してしまいました。   孤独な苦悩の音楽家ゴーシュが、動物たちとの優しさに包まれて  エンディング、あかるさがいい。   ゴーシュの明日か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 4月5日 「叩き蟹」

 NHK東京児童合唱団の演奏会へ。  一宮市のフォーラム21が「叩き蟹」を引っさげて行くので、当然、あたしも 出演する。  30日に名古屋で公演したもの。  朝9時会場の杉並公会堂大ホールへ車で行く。  1500人は入るだろう大きな会場。名古屋のしらかわホールは700席だった から倍はある。  日頃、児童に接してい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コラボ 4月3日 明日のリハ

 明日は「リハーサルがある」と早くから言われていたので、空けといた。  あたしのところはないとか。  早く言ってくれればいいのに。  しかし、ゆっくりとできて、ありがたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 4月2日  携電メールにHさんより感想文

 飛騨高山から聞きにきてくれた人。 「私は円窓を三十年しか聞いてないので、エラソーなことは、言えないのですが、一昨年の一宮で聞いた[叩き蟹]、もうこれ以上の噺は聞けないのでは、との、感動と、その場に居合わせた幸せに、いつ死んでも、悔いがないと、涙が出ました。だから、合唱とコラボと聞いた時は、まさかと、思ってました。  合唱と落語…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コラボ 4月1日 留守のPCにメールが

 名古屋のアイコーサービスのSさん。  夫人とコラボに来てくれたらしく、メールが来ていた。 「3月30日のしらかわホールでの公演を女房とともに聴かせていただきました。  感激しました。  師匠も感激されていらっしゃいましたが、子供たちとの純な共演が素晴らし かったですね。  ありがとうございました。  特に後列の客席か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラボ 3月30日 公演

 コラボ、いよいよ本番。名古屋のしらかわホール。  朝10時、一宮のホテルの東横インへ川松夫妻の迎えがあって、車で 名古屋のしらかわホールに。  10:30よりリハーサル。700席以上はあるだろういい音楽ホールだ。  高座本を載せる台に目を伏せると顔に影ができるらしい。  台を高くしてもらって、顔があがるようにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more