テーマ:日暮

日暮 2011.6.22(水)旅立ち

 明日から、尾張を三箇所、回る事になっている。  体調を崩さないように、名古屋へ前日立ち。  定宿の白川マンションへ。  NHKテレビで平賀源内のこと。  源内の句をメモする。   湯上がりや世界の夏の先走り   功ならず名ばかり遂げて年暮れぬ  エピソード。  源内はオリーブだと思い、ホルトを持ち帰り植…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・6・8(水)曇、晴、68,0キロ 師のおかみさん

 明日、おかみさんの命日。  明日は仕事で伺えないので、今日、永隆寺へお参りに。  「この先、圓生の名跡で騒ぎが起きるといやだから、圓生の名は止め名に する」と遺言をしたおかみさん。  しかし、良識を失った者がその遺言を踏みにじってしまった。  結局、騒ぎが起こってしまった。  あまりにも、おかみさんが可哀そうである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・6・6(月)ズボンから

 町内に紳士服の製造卸し直売の店がある。  店の名を「フロンティア」という。」  あたしは洋服のほとんどをそこで買っている。  ダイエットしたので、ズボンの直しを6本、頼んだ。  帰宅すると電話があって、「ポケットからお金が出てきました」  「あら。何百万円?」と言うと、  笑いながら「7010円です」。  あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・5・27(金) 外へ

 町内の鳶頭はときどき自宅前の道の端へ出る。  そして、しばし、パイプ椅子に座りこむのだ。  あたしはそれを用足しの行き帰りにそれを目撃したので、訊いてみた。  すると、  「孫が側に居るときは煙草が吸えないもんで、こうして外で吸ってんです」 だって。  孫は可愛いんだねぇ。  雨の日は、傘を差して外に立つそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・5・18(水)郵便局と犬

 信金と郵便局へ。  郵便局の路地に大きなハスキー犬。  手拭いっ子連の雪女さんの犬だ。  母の死去に伴っての手続きで3時間も郵便局にいたという。  その間、犬も路地に待機。  えらいもんだ、、、。  強盗の入りにくかろう、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・5・8(日)プリンター、復興なるか

 ファックスの復興作業は、昨夜の深夜遅くまでかかった、、。  なにしろ、ファックスの送信テストをしたくとも、深夜なので送り先が 見当たらない。  思案の末、同じその複合機に送信してみた。  PCのメールでときどき試みているので、気楽にやってみた、、。  呼び出し音は確実に響いているんだが、、、、。なかなか受信しない、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・5・7(土)プリンター

 プリンター、やはり、直らず。  浮世床の連中が相談にのってくれたが、やはり治りようがないので、 コジマ豊玉店へ新機種を買いに行く。  複合機なので一台でなんでも出来ると言われ買った覚えがある。  が、故障をしてみると、一遍になんにも出来なくなってしまった  コピーもファックもPCからの印刷も。出来ない。  高座…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日暮 2011・5・6(金) 缶詰

 蒲焼の缶詰を食べている。  鰯や秋刀魚の蒲焼を食べている。  それは、缶詰の、、、。    それはいいのだが、缶を開けるのに苦労する。  今日も今日とて、指を切った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・4・27(木)姫路より浅利 

 善教寺より、浅利が届く。  24日、善教寺で口演をした折、住職があたしを紹介した中で、  「師匠をこちらに誘うとき『姫路は酒と肉の美味い土地ですから、それも 楽しみに来ていただきたい』と言いましたら、師匠は『酒と肉はやらない んです』と言うんですよ。困りましたね」  と、秘話を暴露。  そんなことから、姫路の浅利を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 フットヒーターが故障。  まだ深夜から明け方は寒いので、あたしには必要。  製造している上大崎の会社へ買いに行ったが、会社自体が見当たらず、 無念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・4・6(水) 桜

 拙宅から徒歩10秒の所に町内の公園がある。  桜が五分咲き。  ところが今年は、町で人と出会っても桜の花の話題がない。  毎年、やっていた町会の花見も自粛で中止。  なるほど、会話にも出なくなって、とうぜんだろう。  それにしても、全国がドミノ式に「自粛、自粛」って。  正論なのか。被災地へ気を遣って、お利口ぶって…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日暮 2011・4・6(水)晴れ、68,0キロ。モニター 

 パソコンのモニターの具合。  高座本の作成でガチャガチャガチャやっていると、モニターの画面が いろいろな図形で変化してきた。  細いウエストになったり、長方形になったり、菱形になったり、、、。  寿命らしい、、、、。  落語っ子連のびす太さんが相談に載ってくれることになっている。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日暮 2011・4・4(月) 原発

 原発も考えもんだよね。  原子力を落とされて被爆した経験国が自らの原子力で被爆してしまった。  日本は「安全、安全」と繰り返しながら、電力の4割を原子力に頼るように なっている。  「故障や事故や天災がなければ、『安全』と」言っていたも同然。  魚や野菜の食料、空気まで、侵されちゃって、、、、。  戦争で爆撃される…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日暮 2011・3・28(月) 高知よりメール

 あきらさんより、お礼のメール。  コンピューターのプログラムを捨て、ファームに入ったあきらさん。  高知へ行った。農業へ転身。  20年も前、あきらさんに「パソコン通信をやりませんか」と誘われてからの 付き合い。  あの頃、あたしは質問をしたことある。  「ファームって、なぁに?」  「農場のことです」  って…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

日暮 2011・3・22(火) 救援物資

 我が家に、旧友より救援物資が届く。  涙、、、、、、、、。  東京のスーパーやコンビニの棚のスカスカを心配してくれたのでしょう。  電池、ソーラ電灯。野菜、柑橘など。  こういう状況下にも関らず、予定より早めに届いたので驚いた。  日本の運送業は大したもの、、、。  運送(勇壮)活発なり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・3・21(月) 中止

 仕事先の事務所から電話。  「九月の川崎の落語会、こういう際で中止になりました」と。  この先の九月。  東京の向うの川崎。  主催者に理由はあるんだろうけど、はっきりと言わず、「こういう際」で 通ってしまうのが、日本の風潮。  「被害が拡大したので、落語どころではないから」とか。  「会にかかる経費をそのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・3・16(水) 再開、ブログを見た人から

 流三さんから、メールがきた。 >>「再開した師匠のブログを拝見しました。師匠のお気持ちが切々と伝わって来ました」   ありがとう。 >>「扇子っ子連の発表会は、地震後の対応に忙殺され、帰宅することもままならず、 どうしても仕事から抜けられない状態で、現地に行くことすらできませんでした。 もし行くことが出来ていたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・3・15(火) 天災

 天災のあるたびに思い出す事がある。  友人の話したことである。  その友人が終戦直後、ある公演を聞きに行った。  それも、その日は、嵐。  たぶん、中止だろう、と出掛けた。  しかし、やります、という入口の人の声。  広い会場に、4、5人の入りだった。  出演する側も全員は揃わず、とりあえず、楽屋入りしたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 20011・3・15(火)曇り 69kg。余震

 余震が多々あり。    思い出すのは、、、、。  女房の付き添いで病院へ通ってた頃。  廊下の待合ベンチで大勢の患者と待っているのだが、、、、、、。  診察室には1~6番ぐらいまでの番号が打ってあって、  アナウスを聞いてて、一人、笑ってしまったことがある。 「○○さん。4診へお入りくださぁい」   これが、余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・3・11(金) 地震

 それにしても、地震の大きさと長さは、あたしの70年のうちで一番だろう。  関東大震災を体験したあの折の先人たちは、もっと恐怖を味わったに違いない。  人生なにがあるかわからないし、自分がどうなるかもわからない。  常々、自分にそう思い込ませながら、ここまできたが、「今日辺りが最期かもしれない」と 揺れの中で覚悟を決めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2011・3・14 生きてたの?!

 町内を自転車で走ってたら、向うからきた自転車が、キーッと止まった。  何年振りかで会う、町内の友人だ。 「生きてたの?!」 「なんとかね」  共に笑顔での会話。 「HPもブログも更新してないからぁ、、、」 「心に欲せぬことが多すぎてさ」 「世の中、いいことだって、あるさ。それを書いてよ」 「うん。遺言のつもりで書く…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more