テーマ:圓窓高座本

圓窓高座本 2019・6・7 新刊

  ずーっと出来なかった、、、、、、、   やっと、、、、、それも、自分で不思議と思うほど、、、、意外にも相撲物。   それも雷電   雷電の負けた噺、、、、、   近々、発刊、、、、、、
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

圓窓高座本 2019・1・2 三井の大黒

 新年になり改めて思索を始めてみた。  圓窓高座本[三井の大黒]の制作のために内容の再検討をしている。  これは一度、演った切りの噺の一つ。しかし、甚五郎物はその後、 [鼠][叩き蟹][頂き猫]などを講釈や浪曲から脚色して口演し続けてきている。  なぜか、この[三井の大黒]だけは捨ててしまった。  この度、その原因がわ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

圓窓高座本 2018・10・25(木)船徳 晴れ 72キロ

 やっと出来た。  二つ目早々に演ったか、前座の頃から演っていたかは、もう定かではなくなった。  とにかく、この噺は夢中になって演ってた。  今、改めてこの噺を検討してみると、若旦那の人物像がどうも定かではないような気がしてならない。  客席から笑いが起これば良し、とはしたくない願望があの頃より高くなってきたからであろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

圓窓高座本 2018・7・10 [芝浜]晴れ、72キロ

 圓窓高座本[芝浜]  洒落っ子連・千川亭の稽古で早千(はやち)が[芝浜]を始めた。  今日は全員参加したので、持ち時間も短かったため概略を言う程度のものだったが、 小生の改良点を取り上げてくれると言うので期待をしている。  過去に噺っ子連・有難亭真仮名(まかな)が稽古、口演してくれたが、これで二人目になる。  みな女…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

圓窓高座本 2016・5・2(月)[二階借り]、晴れ、72キロ

 圓窓高座本[二階借り]、  この噺、刊行に漕ぎ着けたが、さて、演り手はあるだろうか。  この手の不倫物では[紙入れ]が口演頻度はダントツに高いのだが、 この[二階借り]も内容はなかなかどうして味のある作品。  どんな噺でも多くの演り手が育てると言える。さぁ、これからだな。  稽古連の中には不倫物しか演らないという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more