テーマ:扇子っ子連

扇子っ子連 2015・11・10(火)千早亭の稽古日、雨、70キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  ワッフル[親子酒]、酒好きが照れながらの酒の噺の稽古。  軽太(かるた)[ぞろぞろ]、登場人物の感情分析を心掛けるともっと良くなる。  竜太楼[掛け取り]、三橋ファンにはもってこい。   工三(たくみ)[粗忽長屋]、不条理を自信持って条理にしよう。  屏風(びょうぶ)[味噌蔵]、目線をしっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2015・1・13(火)千早亭の初稽古。晴れ、71キロ

 扇子っ子連・千早亭の初稽古日。  発表会も近いので、みな必死の稽古。  ワッフル[幾代餅]  屏風(びょうぶ)[山号寺号]  工三(たくみ)[禁酒番屋]  早千(はやち)[道灌]  大三九(おおみっく)[権助提灯]  竜太楼(たつたろう)[五人回し]  三十一(みそひと)[お見立て]、多くの者によくある悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2014・2・19(水)千早亭の稽古日、晴れ、70キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  交流、羽織っ子連・要亭長矢(ながや)[花見酒]        ちょいと訛りが気になるが、上下の目線がしっかりしてきたようだ。     要亭貴尾(たかお)[転宅]、上下の振り方が柔らかくて綺麗。色気を増した。        「どうして?」と訊くと、「師匠からお梅に色気がない、と言われましたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2014・1・14(火)千早亭の初稽古

 扇子っ子連・千早亭の初稽古。  交流参加、羽織っ子連・要亭寒雷(さむらい)[山号寺号]。     台詞の語尾が消える癖、語尾を急がす癖を早く直そう。  同じく交流参加、貴尾(たかお)[元犬]。     前回が忠四郎以外の人物がとても怖そうだったので、今回はそれを    修正したようだが、逆に優しさが溢れた人物になったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2013・9・28(土)千早亭の発表会。曇り、69,0キロ

 第6回 扇子っ子連・千早亭の発表会。  千早地域文化創造館創立40周年記念となっている。  初期の頃は、出演者一席ごとにあたしが高座の側へ出て行って、講評をしたものだ。  それというのは、ほとんどが未熟な芸であったので、客を厭きさせないためということもあった。  が、今ではその必要がなくなったので、トリであたしが終えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2013・9・24(火)千早亭の稽古日。曇り、70,0キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  ワッフル[垂乳根]。この噺、プロもアマもそうなのだが、嫁さんの台詞を早口で 一本調子に読むような傾向がある。それを直してもらいたい。  軽太(かるた)[町内の若い衆]。マクラの口調にはいい抑揚があるのだが、本題に入ると、 それがなくなるのは、どうしてだろう。江戸っ子の口調がまだまだ身に付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2013・6・11(火)千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  早千(はやち)[お菊の皿]、自分のシャンソンの会で落語を披露するので、 その一つを稽古。前半の因縁話の件の場面では怖さを増してきた。  三十一(みそひと)[抜け雀]、演者の個性がほどよく噺に滲み出ているのがいい。  百人(ももと)[天狗裁き]、自分の高座本をしっかり構成し上げたので安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2013・5・14(火)千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  三十一(みそひと)[抜け雀]。    あたしの形のこの噺に挑戦する第一号者。      早千(はやち)[時蕎麦]。    出ました! 「唄う 蕎麦屋」という趣向に脚色した。    これからどう肉付けされるかが、楽しみ。  窓口(まどぐち)[湯屋番]。    [不動坊]でも湯屋の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い起こせば 扇子っ子連 2013・4・23(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  交流稽古、聞かせっ子連・深沢亭の倉寿(くらす)。   読ませ稽古[一目上がり]。もっと思い切って声を出してもらいたいなぁ。  させ稽古、ワッフル[垂乳根]。   歌舞伎好きな彼女には嬉しくなるような台詞がいくつかあるので、   完成したときは見もの、聞きもの。     読ませ稽古、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・9・25(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  軽太(かるた)へ[道灌]の読み聞かせ収録。    読みをしっかりやっていけば、前回の[権兵衛狸]を凌ぐ結果を出すだろう。  読ませ稽古、ワッフル[武助馬]。    先日の淑徳大オープンカレッジでの[野晒し]を聞いて、演りたくなったという。    芝居好きのワッフルなんで演りこなすだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・8・28(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  させ稽古、ワッフル[チリトテチン]。    隠居が豆腐の腐ったのを、なぜチリトテチンと命名したか、そのヒントが欲しいと   常々思っていた。今日、ワッフルが、老妻が三味線の稽古をしていたという設定にして、   それをヒントにした、と、それを披露。  させ稽古ワッフル[鶴]。    本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・7・24(火)千早亭の稽古日。66,0キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  9月の発表会の一席所要時間は一人15分。  それに合わせた稽古も始まる。  させ稽古、窓口(まどぐち)[不動坊]。湯屋の場面を割愛しての稽古。  させ稽古、早千(はやち)[お菊の皿]。ショー化したお菊の場面がますますエスカレートし出した。  させ稽古、ワッフル[チリトテチン]。チリトテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・6・26(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  いつもは後ろの端から見聞してたが、今日は後ろの中央の席に座って見聞。  演者の上下の目線がはっきりとわかっていい。  させ稽古、早千(はやち)[お菊の皿]。    ニュークスグリがどんどん沸いてきたので、もっともっと面白くなりそう。  読ませ稽古、百人(ももと)[閻魔の恋]。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・6・12(火)余談 落語歌謡

 扇子っ子連・千早亭の稽古日に、  早千(はやち)の夫が同伴したので、音楽の話になる。  早千(はやち)は八月二十五日にシャンソンを唄うことになっているそうだ。  新宿のシャンソリエとか、フランソワとか、、、会場は覚えられなかった、、。  そこで、小生、作った落語歌謡の話を持ち出す。  帰宅して、PCの中を捜してみると…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・6・12(火)千早亭の稽古日

 人の稽古を、  聞くだけなので、扇子っ子連の稽古に町内の創造館に出掛ける。    竜太楼(たつたろう)[不動坊]。どうしても長くなる噺。短くするのも腕次第。  軽太(かるた)[権兵衛狸]。もっと仕種に感情をこめるといい。  ワッフル[チリトテチン]。人物の設定をもっと深く。  早千(はやち)[お菊の皿]。後半のお菊をシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・5・8(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  読ませ稽古、早千(はやち)[お菊の皿]。  大好きな噺だそうで、熱中していた。  怖さと馬鹿馬鹿しさの両面が出せれば成功という噺。  読ませ稽古、軽太(かるた)[権兵衛狸]。  権兵衛が眠りに入るときの場面で「トロトロと眠る」と言ってたが、 「愚痴をトロトロと言う」使い方はある。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・4・24(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  読ませ稽古、軽太(かるた)[権兵衛狸]。読ませると、口調に安定感がある。  読ませ稽古、竜田楼(たつたろう)[不動坊]。幽霊の出る支度中が賑やかすぎる。声の音量を落とそう。  読ませ稽古、屏風(びょうぶ)[明日ありと]。ちょいと長すぎるので、削る作業が必要になってきた。  三十一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・4・10(火)千早亭の稽古日。曇り、67,5キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  発表会が終って、次の選席を終えたので、全員に読ませ稽古。  読ませ稽古、ワッフル[チリトテチン]。読ませ稽古、三十一(みそひと)[幇間腹]。 読ませ稽古、軽太(かるた)[権兵衛狸]。  この三人には高座本を今日渡したので、初見で即読ませ稽古。  情景や心理、感情を思い描きながらの読みな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・3・25(日)千早亭の発表会 曇り、67,0キロ

 扇子っ子連・千早亭の発表会。千早創造館。  和歌女(わかめ)[平林]。    稽古のとき、「噺っ子連・有難亭の真仮名(まかな)がこの噺の二枚手拭いの   演出に特訓中だよ」と話してあった。    これを聞いて和歌女(わかめ)は自宅で自ら挑戦したのだろう。    そして、今日の高座。二枚の手拭いと扇子を使い分けた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・3・13(火)千早亭の稽古日。晴れ、67キロ

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  扇子っ子連の稽古は小生が入院・退院後の初。  総体的にみな安定感が付いているのには驚いた。  あたしが休んでいた間、自主稽古に励んでいたようなので、その成果が出たのだろう。  嬉しい限りだ。  また入院すれば、もっとよくなるのかしら?(笑)  ワッフル[厩火事]。  この噺の旦那の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2012・1・24(火)千早亭の稽古日

 朝飯を食ってそのまま19時まで昼寝。  目覚めて慌てて、扇子っ子連・千早亭の稽古へ。  軽太(かるた)[雛鍔]。台詞をしっかり口から出しているので、聞いていて安心。  演技中、なんぞてぇと腕組みするのが癖となって現れたので注意。  故人となった談志型の癖でもあった。  金坊が「こんなもの、拾ったぁ」と帰宅する、その声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・11・8(火)千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  させ稽古、三十一(みそひと)[井戸の茶碗]。  長い噺を刈り込んで短めにした。これも勉強。  そしてよく覚えた。あと、人物に感情を籠めること。  させ稽古、永久(とわ)[薮入り]。  布団に横になっている夫婦の会話の姿勢を確認せよ、と。  目の上下(かみしも)が余所見がなくなり、きれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・10・18(火)千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  連の次の稽古噺。  軽太(かるた)[雛鍔]、ワッフル[厩火事]、屏風(びょうぶ)[町内の若い衆]、 三十一(みそひと)[井戸の茶碗]、貴女(あなた)[半分垢]・  百人(ももと)[]和歌女(わかめ)[]は未定。  永久(とわ)[薮入り]。稽古中の噺を必死に演る。試行錯誤の段階だが、方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・10・2(日)千早亭の発表会。曇り、68,5キロ

 扇子っ子連・千早亭の第2回発表会。  会場は千早地域文化創造館。  第2回の会になる、、。  ワッフル[ういろう売り]。  見事に演ってくれた。あたしの自作自演の予定で創作したものであったが、 自分にはういろう売りの口上の早口言葉は無理と判断して、お蔵入りにして しまった創作であった。  そういう作品に歌舞伎好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・9・27(火) 千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  永久(とわ)[救いの腕]。  落語っ子連にも所属している永久(とわ)さんは稽古の回数も多くなる。  もちろん、それだけ上達している。  貴女(あなた)[鶴]。  マクラの稽古も充分にする。  伊勢物語から取り出した芸名であることを15分は話していた。  百人(ももと)[死神]。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・9・14(水)余話 奇遇

 昨日の扇子っ子連・千早亭の稽古会で、  ワッフルさんが、「真仮名さんと渋谷で会いました」と言うではないか。  東京と稲敷市の人が、なぜに、渋谷で、、、、? とびっくり。  帰宅して、真仮名さんに問合せのメールをすると、、、  今日、真仮名さんからメールがきた。  「圓窓師匠。 そうなんです!  先日、セミナー仲間が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・9・13(火) 千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  指南所ノートを作って、記入し始める。  軽太(かるた)[道具屋]。しっかりとした口調を心掛けよう。与太郎はよし。  三十一(みそひと)[転失気]。膝に置く手に硬さが目立つ。  屏風(びょうぶ)[三方一両損]。喧嘩の顛末の説明が何度もあり、 客席の聞き手は辛い。  和歌女(わかめ)[お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・8・30(火)要亭の発表会

 扇子っ子連・要亭の発表会。  会場は豊島区千早地域文化創造館。  いつもの稽古は小さな会議室でやってきた。  発表会となると、大会議室。高座の高さも本寸法に。  開演、18時30分。  13人出演。  聞き手は70人。    グーンと上達した人、継続力を持った人、あきらめた人、声は大きいんだが、 間が作れない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2011・8・16(火)千早亭の稽古日

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。  読ませ稽古、百人[死神]。  実の人名や地名が頻繁に登場するのに、「某デパートの地下駐車場」と 言ってたが、「そこだけ某は可変しい」と意見する。  読ませ稽古、三十一[道具屋]。  途中までだが、これから、、。  させ稽古、早千[伽羅の下駄]。  また落ちの改良意見が出て有意義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more