テーマ:読書

読書 2016・4・25(月)大つごもり、曇り、72キロ

 もちろん、樋口一葉の、  彼女の作品、湿っぽいようだが、温かみがあり、常に側へおいておきたい、 なにかがある。  それはなにかと、あたしのセンスでは言えないのだが、、、、ある。  それは、あたしの持病の「創作噺にしたい」に繋がる。  ちょうど、今、[掛け取り]の高座本を編集中なので、〔大つごもり〕読み直した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2015・5・22(金)頓阿。晴れ、71、キロ。

 アマゾンから、  本、コレクション日本歌人選「頓阿」笠間書院、小林大輔著、来る。  タイトルの振り仮名を目にして、驚いた。  「とんあ」だと思っていたのに、「とんな」となっている。  「とんな馬鹿なぁ」と掛詞を口から飛び出させた。(笑)    ざっと目を通してみたが、あたしにとってのわかり易さがあっていい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2014・8・15(金)終読、晴れ、71キロ

 読書。  このところベッドで読み続けていた〔わんぱく天使〕: J.M.デ・ヴァスコンセロス、 岡本浜江の翻訳をやっと終読。  洋物はほとんど読んだことがないので戸惑ったが、主人公の子供のゼゼに魅了された。  あと、池宮彰一郎著〔忠臣蔵夜咄〕を一気に読んだ。  ますます忠臣蔵の面白さを味わった。  幕府も大石も真実を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2013・8・25(日)〔不思議なキリスト教〕

 帰路、飛行場で、  先発の飛行機が一時間ほどの遅れだいう「アナウンス」。  その機は羽田からの到着の機を使うのだが、それがまだ到着してないという。  「今、羽田を出ました」というアナウンスもあり、「いいねぇ。蕎麦屋だね」と一人でほくそえんでしまった。  あたしの乗る予定の機も遅れるだろうと、予測して売店で新書版を買う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・8・10(金)東野圭吾 曇り、67,0キロ.

 やっと、  圭吾の〔ぼくはこの家で死んでいた〕を終読。  伏線が大量にあるが、それを上手に裁いているのは立派。  明日から、浅草演芸ホールへ出演。  車中、「パラレルワールドラブストーリー」に取り掛かろう。  それより、9月3日のチケット捌きだ、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・4・27(金)同じ本。小雨、67,0キロ

 あれ?  終読した文庫本がベッドの上にある。  階下へ降りると、湯の更衣室にも、同じ本があるではないか。  あれ? 瞬間移動かしら、、、?  二階へ行ってベッドを見ると、さっき見た本がなんでもなさそうな顔をして置いてある。  またボケた。  同じ本を買ってしまったのだ、、、。  それも買っただけでまだ始読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・4・22(日)終読。雨、66,0キロ

 読書、東野の野球の推理、〔魔球〕終読。  これでもか、これでもかと言わんばかりの展開に引き摺られながら、終読。  奇しくも、高座本[石一つ]を呼んだ望木(のぞき)さんから感想メールがくる。  「対局場面のリアリティさだけでなく、一目、自分の揚浜に加えた事を、 お咲きと夢の中で対局するまで、明らかにしないストーリー展開に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・4・11(水)写真集

 全国の城の写真集。  (B4・4巻・集英社)が拙宅にある。  親父が晩年、稼業を次男に譲り、城巡りをしていたらしく、遺品として あたしに回ってきたのもの。  だが、開いてしみじみ見るのは今日が初めて。  あたしも仕事先に城があると見学するようになったのも、親父の影響かもしれない。  といって、生前の親父と城の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・4・8(日)東野の〔悪意〕。快晴、66,0キロ

 東野の〔悪意〕、終読。  犯行に及ぶ前に、巧妙な動機作りから始めた犯人を描く、秀逸作品。  その中で、加賀刑事がレポートに記していることがある。  「小説で人間を描く、というが、説明であってはならない」  「ちょいとした仕種や台詞などから読者がイメージを構築してくれるように書くこと」  これは落語にも通じる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・3・28(水)東野。晴れ、67,0キロ

 終読。〔どちらかが彼女を殺した〕。  もちろん、東野圭吾の作。  昨日、始読したばかりだが、止められず、徹夜で読む。  展開もそうだが、人物設定もごく普通なんだが、新鮮で異色に感じるのは、 あたしだけだろうか、、、。  それがきわどい展開をするのだから、止められない。  犯人は読者が当ててください、という作りの小説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・3・27(火)東野圭吾

 終読本 〔眠れる森の美女〕〔赤い指〕  ゆうべ、〔眠れる森の美女〕を終えたので、続けて〔赤い指〕を読み始めだが、 気が付いたら、明け方、終読してた、、、。  〔赤い指〕は以前、テレビドラマで見たことを思い出した。  そのときは、原作者のことは知らず、鑑賞後、「しっかりした本だなぁ」と呟いた ことを思い出した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 2012・3・8(木)東野

 東野圭吾の  〔歪笑小説〕終読。   この手の作品はあたしには目新しかったので一気に、終読。   〔眠りの森〕を始読。   長編なので、コツコツと読もう。  東野作品はどれもこれも、展開が面白いし、味があるので、ついつい読んでしまう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 4月17日(金) 「法然を語る」

 昨日の疲れか、昼過ぎまで起きられず。  NHKのテキスト「法然を語る」を読む。  法然は臨終どきの往生の重きをおき、親鸞は平生と臨終にその重きを 置いた、と記してあった。  法然は地獄のことについて源信ほど多くは語っていない。  すべてが極楽へ行けるのだから、その必要性を持たなかったのであろうか。   徒然草に「法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 3月29日(日) 青空文庫

 湯の中、ベッドで読書。  岡本綺堂の「半七捕り物帖・お文の魂」  「半七捕り物帖・湯屋の二階」、人の首の木乃伊が出てくる。  「半七捕り物帖・石灯篭」勘平の死。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 3月28日(土) 青空文庫

 昨日のひろうで、夕方まで熟睡。  青空文庫で読書。ついでに死後を選び出しておくのも勉強になると思って。  岡本綺堂「鰻に呪われた男」、鰻を生で食う男の謎。面白い。  同著「放し鰻」、富であたった男の話。[水屋の富]に似ている。改作して 演りたい。  同著「指輪一つ」、簪に変えて演りたい。  同著「明治時代の湯屋」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 11月11日(火) 漱石「坊ちゃん」。

 読書。漱石「坊ちゃん」。  一週間ほど前、読了。  昔むかぁし、読んだことあるのだが、一人称の流れだったので、やめて しまった。  改めて、今、読んでみると、なんと面白い。  あたしの愚かさがありあり。恥ずかしい。    原作だけでよいのではないか、と自問自答。  でも、歩み出した企画。  どう創作しようか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書 11月10日(月) カフカ「断食芸人」。

 読書。カフカ「断食芸人」。  以前、運転車の中で聞いた放送大学の中で外国文学の講座があった。  わからないながらも、その教師の話し方がいい感じだったので、聞き ながら走らせていた。  取り上げられてたのが、この本。  町内の我楽多文庫に注文して購入。  外国本を苦手とするあたしだが、創作になるのではと読む。  うーん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書 10月13、14日 

 12日に小松先生よりいただいた本を徹夜で読む。  「御庭番の経済学」「御庭番の明治維新」。  創作したい箇所がいくつかある。  資料を細部にわたって生かしているのが目に付く。  江戸の言葉も取り上げているのが嬉しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more