テーマ:笑いっ子連

笑いっ子連 2016・5・6(金)N文亭 夜間。

 笑いっ子連・  N文亭・夜間の稽古日  光樹井(ミッキー)[町内の若い衆]、夫婦の会話を楽しみながら演っている のがわかるので、聞いていても楽しい。  鯛寿(たいじゅ)[小咄]、最高年齢にも関わらす、声の素晴らしさには脱帽。  空女(くうにょ)[中村仲蔵]、「この噺の主人公は女房である」と分析したセンスは立派。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2016・3・31(木)N文亭午前の稽古日、晴れ、72,0キロ

 笑いっ子連・N文亭午前の稽古日。    4月10日の日曜日の13時30分から発表会がある。  大丈夫かなぁぁぁ。    この連の稽古日は終わってからのロビーにおける歓談が盛んである。  哲学から性学まであらゆる雑学が飛び交う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2016・3・18(金)N文亭夜間の発表会。

 笑いっ子連・N文亭夜間の第4回 発表会。  光樹井(ミッキー)[饅頭怖い]、今日が初高座、上出来。ご亭主が客席に。  吾木葉(あきは)[狸の鯉]、「狸の噺は好きだ」という彼女、熱演。  存得(そんとく)[四人癖]、柔らか味が出てきて、いい感じ。  空女(くうにょ)[蒟蒻問答]、後半の盛り上げは手中にしたようだ。  バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・12・18(金)N文亭(夜間)の稽古日、晴れ、71キロ

 笑いっ子連・N文亭(夜間)の稽古日。  このN文亭の(午前)の楽子(らっこ)さんの紹介で見学者が一人。  平成26年度、日大芸術学部の文芸学科卒業後、某出版社に勤務しているMさん。  あたしは平成13年9月から今日まで日大芸術学部文芸学科の非常勤講師を 努めてきたが、卒業した学生が「師匠の江戸風俗論を聴講してました」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・9・10(木)N文亭(午前)の発表会、雨、70キロ

 笑いっ子連・N文亭(午前)発表会。  加々士(かかし)[牛褒め]、山吹(やまぶき)[道灌]、愁波(しゅうは)[紙入れ]、 陣九(じんく)[桃太郎]、駄才(ださい)[山号寺号]、島々(しまじま)[馬のす]、  指導出演 圓窓[夕立屋]。  今回ははねてロビーでなだ万の弁当を食しながらの打ち上げ。  雨で外へ出ずの人たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・6・19(金)N文亭 夜間の稽古日

 笑いっ子連・N文亭、  夜間の稽古日。  今晩の稽古は男が存得(そんとく)だけの出席で、あとは女ばかりなので、 その華やかなことと言ったら…、不夜城の吉原に譬えてもいいほど…。  交流稽古。N文亭 午前の楽子(らっこ)[三井の貸し傘]、日向屋の主従が 傘を差す場面、主が右手、小僧が両手でその傘の柄を持つ、その立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・3・20(木)N文亭夜間の発表会

 N文亭夜間の  第二回発表会になる。  吾木葉(あきは)[泥棒小咄]、初高座になる。着物もピタリッと合う。 しっかりと稽古を重ねてきたので、次回は一席物に挑戦できるだろう。  口新(はなし)[小咄]、相変わらずなんだかわからないところが個性。 それが好感度を伸ばしている。小咄と手品。  お扇(おせん)[道灌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・2・6(金)N文亭夜間の稽古日

 深沢亭から、  笑いっ子連・N文亭の稽古へ。  交流稽古  愁波(しゅうは)[悋気の火の玉]、執念も感じる。  半畳(はんじょう)[風呂敷]、酔い加減の良さ。  空女(くうにょ)[替わり目]、しっかりしている。あとは回数。  吾木葉(あきは)、お扇(おせん)、東海(とうかい)、欠席。  口新(はなし)、顔出し。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・1・16(金)N文亭の夜間の稽古日。晴れ、71キロ

 笑いっ子連・N文亭の  夜間の稽古日。  笑いっ子連・N文亭の午前の島々(しまじま)[上下の小咄]、楽子(らっこ)[お見立て]の 二人が交流稽古として口演。  東海(とうかい)が顔を出す。口新(はなし)も来る。二人は挨拶だけ。  お扇(おせん)[道灌]、飛躍的なものを披露する。  存得(そんとく)[蝦蟇の油]、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・1・8(木)N文亭の午前、

 笑いっ子連・N文亭の午前。  本年初の稽古日。  楽子(らっこ)[お見立て]  半畳(はんじょう)[風呂敷]  八叟(はっそう)[鼓が滝]  メジャー[桶屋裁き]  愁波(しゅうは)[悋気の火の玉]、正妻の悋気の上の鼻の先で「ふん」と 言いながら横を向くのが難しいらしい。猛稽古をして臨んだようだが、 「はん」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑いっ子連 2014・5・30(金)N文亭夜間の稽古日。晴れ、71,0キロ

 昨日、有難亭の稽古で、  貰った空豆の一部を鞄に入れて、電車で青山一丁目へ。  まず、渋谷の駅で迷いに迷い、なんとか、青山一丁目駅に。  ところがそこでまた迷い悩んで、稽古場へ到着。  なんでこうも、、、、と池袋駅を棚に上げて、愚痴、、、、、、  お扇(おせん)、空女(くうにょ)の女の子二人に空豆を分配する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2014・3・13(木)N文亭の発表会、曇り、雨、70キロ

 笑いっ子連・N文亭の発表会。  愁波(しゅうは)[千早ふる]、間違えたことに即、気が付いて言い直しをするくらいだから、律儀。   メジャー[壺算] 、同じことの繰り返しを盛り上げて演じた。  八叟(はっそう)[指南書]、珍しい噺に挑戦。先代の馬の助師が演っていたという。 あたしは聞いた覚えがないのだが、演ってたのかぁ、、。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2013・8・8(木)N文亭の稽古日、晴れ、69,75キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  ここは月に一度の稽古なので、一ヶ月のインターバルがある。  遅ればせながらその間の落語情報として、「声優のレッスンで、紅白落語合戦。そして 女組の圧勝」「真直(まっつぐ)が日向市の全国こども落語会で商工会議賞を貰った」 「NHKで小生の[指相撲]放映」と報告。  させ稽古、一走(いっそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2013・6・13(木)N文亭の稽古日、雨、70キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  担当が変わって、坂本桂という真面目そうな女子。  メモをとりながら、参観していた。  半畳(はんじょう)  メジャー[転失気]、丁寧に演っている。  一走(いっそう)[強情灸]、高座本を送ったつもりが忘れていた。他の原稿から稽古して来た。  読ませ稽古、加々士(かかし)[道灌]、口調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2013・5・9(木)N文亭の稽古日。晴れ、68,5キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  新参加者に芸名を付け、小咄の特訓して、高座本を渡す。  山田さん、加々士(かかし)、[道灌]。稲田さん、愁波(しゅうは)、[一目上がり]。  読ませ稽古、メジャー[転失気]。落ちは複数あると伝える。  他の人には次に取り組む高座本を渡す。  一二三(ひふみ)[平林]、八叟(はっそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2012・8・9(木)N文亭の稽古日。晴れ、68,0キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  来月の発表会のため、稽古も白熱。  一走(いっそう)[十徳]、大丈夫だろう。  半畳(はんじょう)[半分垢]、大丈夫。  メジャー[平林]、きめ細かく演じた。   小生の「おもしろ図書館」から覚えたようだ。   出版当時は新工夫はなされてなかったので、既成の[平林]   この噺の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2012・6・14(木)N文亭の稽古日。晴れ、66,0キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  一走(いっそう)と半畳(はんじょう)の基本小咄。  「出来ない、出来ない」と言いながら、しっかりと演ずる。  させ稽古、八叟(はっそう)[道灌]。  小生が、大聖院の紅皿の塚のことを添える。道灌の歌の指導者でもある。  させ稽古、レジャー[平林]。  小僧を明るく演じてもいいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2012・4・12(木)N文亭の稽古日。曇り、67,0キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  八叟(はっそう)に、母子の登場する、小生工夫の[長屋の花見]の高座本を贈呈。  上下マークを貼り、メジャーに[後生鰻]を口演させる。  「今までキョロキョロしてたのがわかりました」と。  一二三(ひふみ)。ハワイフルマラソンに完走して帰国したそうで、土産話に 花が咲く。  メダル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2012・3・8日(木)N文亭の稽古日。67キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  本来、10月期の発表会の日だったが、少人数のため中止で、普通の講義。  レッスン[後生鰻]。丁寧に口演するので、合格品の高座になった。  八叟(はっそう)[長屋の花見]。「女房子も参加する花見にしてみよう」と、 意見を発すと、「なるほど、作ってみましょう」と返事をもらった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2011・10・13(木)N文亭の稽古日

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  今日のテーマは感情を籠めること。  「落語を演ずるとき、登場人物を的確に表現する責任を感じた」とエッセイに 書いた噺っ子連の真仮名さんの文章を読んでもらった。  そのあと、小生のライブ[釜泥]。  そして、アニメ落語、志ん生[替わり目]。  最後に円生のDVD[栗橋宿]。  三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2011・8・11(木)N文亭の稽古日

 笑いっ子連・N文亭の稽古。  させ稽古、語り、一筆「娘の披露宴」、日頃の生活から独自の人生観を 語る妙。  させ稽古、八叟[日和違い]。今はほとんどやり手のない懐かしい噺。  させ稽古、レッスン[茶の湯]。口調に噺の味が出てきた。  させ稽古、メジャー[松山鏡]。夫婦喧嘩の盛り上がりはすごい。  させ稽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2011・7・14(木)N文亭の稽古日

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  読ませ稽古、洋こそ[初音の鼓]。  まだ読むという段階だが、感情を籠めることが巧くなっている。  させ稽古、メジャー[松山鏡]。  この噺、夫婦が登場するのだが、導入部が代官、落ちは尼。  演者が女のほうが優しさが表出しやすくて、いいのではないかと、ふと 思いながら聞く。  さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2011・5・12(木)曇り、68,0キロ。稽古日

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。  担当員のまど深(女)さんが、さいたま支社へ転勤。  代わってそこから転勤の橋本(男)さんが担当。  授業の中で 「花魁から妓夫に変わった」という比喩から、廓の雑談になった。  花魁、妓夫の説明から遣り手、禿、間夫などなど。  [文違い]の噺になって一段と賑やか。  新人の二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2011・4・14(木)晴れ、68,8キロ。稽古日

 笑いっ子連・N文亭。  先月、発表会があり、6期の指南が終った。  今月から、7期目にはいる。  新入生2名は入ったので、自己紹介。  もちろん、ご婦人。    お筆さんはこのNHK文化センターに書と絵の講座に30年近く通って いるという。  おしゃんさんは、シャンソンを習っているという。声がしっかりしてて、 魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 3月11日(木) N文亭

 笑いっ子連、N文亭の第3期の発表会。  みなさんが落ち着いて高座に上がれるようになったので、安心して鑑賞 できた。  成果の一つだろう。  来月から4期目。  聴講生の出入りがあるだろうが、まずは一区切り。       去る人の背中にかかる春の雨。  おっと、今日は晴れだったか、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2月4日(木) N文亭

 笑いっ子連、N文亭。  骨折で去年から欠席だった春松さんが顔を出した。  骨は弱かったが、口は達者そのまま。  それぞれが近況を話すコーナーを設けた。  [節分]を口演のあと、「福は内、鬼は外」の替え句をみんなで作る。  優秀作として、  恭ン恭ンさんが「幕の内 折は外」。  奴だこさんが「富は内 ゴミは外」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more