テーマ:寄席

寄席 2011・6・25(土)鈴本演芸場

 お席亭が楽屋に来て、  「手紙です」と。  読むと、21日に鈴本に聞きにきたという人から。  「失敗は誰にもある。そのとき、反省をすれば、失敗が財産になる」という あたしの噺のマクラを聞いて、元気になったという。  その礼状。  そんな効果もあるんだと、実感。  落語はただ単に、笑うもの、笑わせるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・22(水)曇り、68,5キロ 鈴本演芸場

 寄席、鈴本へ。  [ぞろぞろ]。  寄席の業界も夜より昼のほうが入りの多いのを実感する。  今日もいい。  はねてエレベーターで一緒になったお客が、  「惹きつけましたね」と。  素直に嬉しい、、、。  じっくりと鑑賞してくれた証拠でもある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・21(火)鈴本演芸場 昼トリ

 寄席、鈴本昼席トリ。  ここがあるので、日大は休講させてもらった、、。  [桶屋裁き]。  平日なのに、客席は後ろまでなんとか埋まっている。  高座に出ると、「待ってました」の声。  やはり、嬉しい。  はねて、席亭が楽屋に顔出しに来る。  何年ぶりかで会話をする。  元気に挨拶が出来るのは、いい気分だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・20(月) 浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール、1845分。  [本膳]。  五月下席から寄席へ続けて出演しているが、なんとか出し物は日替わりで できた。  休みの日もあったので、21日の日替わり。  明日から、鈴本演芸場の昼トリ。  ネタを稽古しなければならない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・19(日)浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール 夜1845分  [桶屋裁き]。  寄席の興行で子供の登場する噺のでないことはないだろう。  演ろうと思ってても、前に誰かが子供の噺を演っていると、出来ない、、、、。  ときには、えぇい! かまわねぇ! とばかりに堂々とやることがある。  今日が、その日、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・18(土)雨、68,2キロ。浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール1845分。[寿限無]  終って、前座の一本(獅堂門下)に稽古。  過日、教えた[寿限無]を「聞いてください」ということで、二階の空き部屋 で稽古。  声は大きいし、いい口調。  近頃の若い者には珍しいかもしれない。  「月に一席のペースで稽古を続けてごらん」「稽古をしたからって、なかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・17(土)圓生(6)の色紙

 楽屋で漫才のうたじさんに見せてもらった。  「友人の所有している色紙なんですが、、、、。圓生(6)師匠の名でこんな 字と絵が書いてあるんですが、本物かどうか鑑定をしてください」と。  あたしは、じっと見た。  あたしは見たことのない歌と落款だったが、手は確かに圓生(6)のものである。  どうやら、晩年のものではなさそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・17(金)浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール1845分。[夕立屋]。  旦那が小僧に問いかけて始まるこの話なのだが、うっかり「ばあさん」と 言ってしまった。  仕方なく、旦那とばあさんとの掛け合いになっての夕立屋。  演りにくいのなんのって。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寄席 2011・6・15(水)浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール、1845分。  [桃太郎]。  楽屋でさん吉さんより、オモチャの扇風機を貰う。  中国製、、、、、。  壊れても、諦めはつく。  そういえば、あの地震の折、友人から「停電になるでしょうから」とソーラーの電灯を 貰った。  「太陽のある限り、点いています」と言われたが、三日前に壊れた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・14(火)浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール1745分上がり。  このあと、扇子っ子連・千早亭の稽古があるので、早上がり。  [猫の皿]。  タイトルを[猫の茶碗]としたほうが良さそうだ。  絵高麗の梅鉢は茶碗。それを「猫の皿」代わりに使っていると解釈すれば 理屈は通るが、茶碗、皿が連発されてわかりにくさも出てくる。  「茶碗を猫の食器に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・12(日)上席 浅草演芸ホール

 寄席、上席は浅草演芸ホール、夜席1845分上がり。  日曜日とはいえ、夜の客席は薄い。  [後生鰻]  オフィス樹の平樹さんに教えてもらった、リトルシアーターを探したが 見付からず。  伝法院通りと聞いたのだが、、、、、。  その代わり、その通りの街灯の地口行灯が替わったのに気づいて、 早速にメモ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・7(水) 末広亭

 寄席、末広亭、早上がり1715分。  [替わり目]  前座の噺も聞けた。  歌る多門下の多ぼう。女の子。  アニメのような感じで、可愛い、、、、。  今のところ、これでいいかな、、、?  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・6(月)末広亭

 寄席、末広亭1900分上がり、[垂乳根]。  今日は、寄席の日。木戸銭は半額だという。  夜席はまぁまぁの入り。  この噺、語りっ子連の小音澄さんが交流会で稲敷市の噺っ子連に 乗り込んで演ることになっている。  昨日も彼女は稽古をしていた、、、。  彼女の[垂乳根]はまことに可愛いのである、、、。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・5(日)末広亭

 寄席、末広亭、夜席1900分上がり  五月下席からの連続の寄席出演になるので、出し物も日替わりに してみようと、決めていた。  だんだん、苦しくなってきたが、今日は[普段の袴]。  終えて、桂花ラーメンへ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寄席 2011・6・3(金)曇り、69,5キロ。末広亭

 寄席、末広亭、1900分。[権兵衛狸]。  高座を下りると、前座が「昼席の中入りに[権兵衛狸]が出てました」と言う。  帳面を見ると、なるほど、馬の助が演っている。  普通、こんなとき楽屋から高座の袖に帳面が出されるのだが、それも なかった。  客席からは「前に演った人がいた」というような反応はなかった。  楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・2(木) 今日

 今日、末広亭を休ませてもらった。  この6月上席(十日まで)は、夜の19時上がりの高座。  7日は、17時30分上がり。  8、9日は、休みます。  次の中席。  浅草演芸ホールの夜の部、19時上がり。  11日、休み。  13日、休み。  14日、17時30分上がり、  16日、休みです。  よろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・1(水)新宿末広亭

 新宿末広亭、夜席1900分上がり。[枯木屋]。  楽屋に馬好、時蔵、馬楽、今松、川柳。  賑やか、、、、。  高座を下りた者の肌襦袢は汗でびっしょりと濡れている。  前座はそれを楽屋のハンガーで干しておいてくれる。  翌日、それを着せるわけだ。  今日、正蔵の弟子のつる子が「師匠。肌襦袢、楽屋に干して置いても …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・6・1(水)にぎわい座

 電車で行く  にぎわい座[桶屋裁き]  才紫に稽古を付けた噺。  なんとか思い出しながらのけいこだったので、今日、改めて、また口演してみた。  が、、、ちょいと熱っぽいせいか、トチリ多し。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・5・30(月)浅草演芸ホール

 今日は、寄席でいろんなことがあった。  窓輝が代演で出演した。  待里さんが聞きにきてた。  落語協会の新たに事務局になった古沢が楽屋にきた。  才紫に稽古を付けた。  などなど、、、。  稽古を終えて外へ。  ちょうど、昼トリの歌之助がはねたところ。  木戸のところでご婦人に声を掛けられた。  「師匠は、息…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・5・25(水) 浅草演芸ホール

 寄席、浅草演芸ホール、昼席1545分。  [首屋]  出番が歌司の次なので、楽屋で彼との馬鹿っ話が楽しい。  昔、歌司宅が火事にあい、圓生全集を水びたしにしたときがあった。  後日、それを聞いたあたしが楽屋で「延焼全焼かい?」と洒落を飛ばした とか。  そんなことはこっちは忘れていたのに、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄席 2011・5・23(月)浅草演芸ホール

 寄席。浅草演芸ホール、昼席、1545分。  地下鉄で向かったが、乗換えで迷ってしまった。  まど音さんが聞きにきていた。  横浜の鶴久も来る。  鶴久より差し入れ。    [雛鍔]。  帰路も地下鉄の上り下りを間違えて乗ってしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more