テーマ:N文亭

笑いっ子連 2014・8・29日(金)N文亭夜間の稽古日、72キロ。

 笑わせっ子連は、  N文亭・午前部とN文亭の夜間部の二つがある。  あたしは世田谷の聞かせっ子連の稽古のあと、青山の笑いっ子連・ N文亭の稽古に移動するのだが、時間があるので、入った教室の片隅で 昼寝をすることにしている。  時間前に早めに教室入りした深女(ふかじょ)[十徳]。    隠居を品よくやるよう勤めて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑いっ子連 2014・1・9(木)N文亭の稽古日。

 いそいで、青山へ。  青山の教室は10時半なので、楽に間に合ったが、ショック。  半畳(はんじょう)[五七五]、これからだろう。自分も俳句と川柳をやっているとのこと。 それをマクラにしればいいでしょう。  メジャー[壷算]、ほとんど覚えてしまったので、上下と仕種の指摘。  午年なので、馬に関する雑談をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 5月13日(木) 

 N文亭。ライブ[桃太郎]  新入者の芸名を決定。  「N文亭洋こそ」「N文亭春々(はるばる)」  9月の発表会の出し物を決める。  洋こそ[桃太郎]、八叟[小言幸兵衛]、レッスン[欠伸指南]。  春々は二度続けて欠席なので未定。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 9月10日(木) N文亭の発表会

 笑いっ子連・N文亭(NHK青山文化センター)、発表会。  11人が勢揃い。  一人の受け持ち時間が短くて落語も制限されたが、三時間近くかけて 無事にお開き。  漢方[与太郎小咄]、恭ん恭ん[目黒の秋刀魚]、幸太[野晒し]、 八叟[権助提灯]、春松[孫の歌]、文学[寿限無]、本当[首屋]、 奴だこ[ひょっとこ蕎麦]、良好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 7月9日(木) 

 N文亭ヘ。  正しくは「NHK青山文化センター」。  そこの「圓窓の落語指南」というカルチャー。  そのメンバーに芸名をつけたんだが、それが「N文亭」。  この度、あたしは勝手に(笑)、「笑いっ子連」と連の名前を付けた。  これまでに、落語っ子連、噺っ子連、と命名してきたので、それぞれの グループにも連の名を付けること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 6月18日(木) 稽古会

 N文亭の稽古会。千一亭にて。  12人が集る。  本当[平林]、八そう[お見立て]、奴だこ[野晒し]、幸太[ひょっとこ蕎麦]  良好[チリトテチン]の5人は男。  文学[寿限無]、春松[唄も楽しや]、恭ン恭ン[金魚の芸者]、レッスン [死神]、岬[目黒の秋刀魚]、和平[鼓が滝]の6人は女。  漢方に[与太郎小咄]を録音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 6月11日(木) 青山NHK文化センター

 N文亭。  宿題の洒落の発表から、水神の落ちも烏の鳴き声と人名の洒落。  そして、この噺の落ちも、と[子褒め]を口演。  本当さんに「本格的に落語の稽古しない?」と。  本当さんのドラムはたいしたもの。  ドラムは巧いが、落語は下手、、、、と言ってもいい。  そこで、ドラムの先生に、「落語は巧いけど、ドラムは下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 6月5日(金) 曇り、小雨。 会場は千一亭

 N文亭の稽古。千一亭にて。  本当さんのビルの地下室が会場に。  プロの使っていた本物のドラムが入っていた。    良好[チリトテチン]、小さん(5)のを覚えたというが、まだまだ覚えたうち には入らない。小さん(5)の言葉のアクセントも真似てみつ気になってくれ ると、いいのだが、、。    本当[風呂敷]、お前、俺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 5月14日(木) 青山NHK文化センター

 N文亭。  古文の掛詞と落語の洒落の違いの考察。  掛詞は同音、同仮名。  洒落はすっかりおなじでは駄目で、一字以上の違いがなければならない。 それが粋に通じるのかもしれない。  [鼓が滝]を口演。  和平さんが9月の発表会でこの[鼓が滝]を演りたいという。  落語っ子連のまど音さんも演ったし、楽しみだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 4月9日(木) 青山NHK文化センター

 N文亭の第2期の初日。  一期生が9人、新人が3人。  一期生にこれまでの経験から感想を話させ、それを新人に聞かせる コーナー。  みなさん、話し方が上手になった。聴講の成果か。  そして新人の挨拶。  1時間以上かかったが、楽しかった。  本当さんが「[道灌][風呂敷][金明竹]から一つ演りたい」と。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 3月12日(木) 発表会

 声が不安だが、、、、。   小咄を伝授したんだが、みなが張り切って肉付けしたり、もう一つ 付けたりして2時間たっぷりかかった。  参観者も20人近く。  講評がまた時間がかかって。  終わってロビーでお茶。写真に名前を記してもらう。  夜、読み聞き会の玉木さんの会で、機器に行く予定だったが、 休ませてもらった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 3月5日(木) 追加稽古

 来週、発表会のN文亭。  稽古をしようと、千駄ヶ谷の本当さんの家へ。  ドラムが好きで地下に防音のスタジオを拵えたので、そこを使わせて もらった。    みな初心者なので小咄を一つ教えてある。  それぞれが肉付けをしているようで楽しかった。  キョンキョンさんが蕎麦の食べる音がどうしても出ない。最後にやっと できて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N文亭 1月8日(木) 青山NHK文化センター

 NHK文化センター、四回目。  途中参加もありで、14人に増加。  今日は二人休み。  芸名付け。  宿題にしてた清濁合わせ歌の発表。  「腹巻」は金が入るが、「ばらまき」は出ていく。  「総理」は上から、「草履」は下から。  他にも取り合わせのいいのがあって、感心した。  N文亭岬さんが星新一の「人間になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more