高座本 2015・4・8(水)[三井の貸し傘]。雨、70キロ

 苦労したが、  人物設定もその人数を増やす逆療法の形で、なんとか決まり、作成できて、製本。  あと、考察集に「噺吟」と「噺を短く歌う」が加われば、上がり。  次の高座本、[善哉校舎]を手掛ける。  公社ではなく、校舎。つまり、後者である。(笑)  これが意外と長いページ数になるようで、、、、苦楽こもごも、、、、。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽織っ子連 2015・4・7(火)要亭の稽古日。曇り、小雨、71キロ

 間食をやめたら、  覿面、体重減量に成功。  羽織っ子連・要亭の稽古日。  前回の稽古の日に連員7人が抜けた。  都合があってのことだろうが、一言の挨拶もなしに抜けたのが4人いた。  それも一種の意思表示だと思うが、やはり寂しい。  あたしは去る者は追わずの姿勢でいるのだが、失いたくない者 (稽古に真面目な者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淑徳大 2015・4・6(月)高座体験、晴れ、曇り、71キロ

 今日から、  月一の講座で、「高座体験・落語のいろは」  今日は、初回。  受講生、5人。  母校の文京高校のちょいと後輩、元志村高校の落研の顧問、小生が以前 書き下ろした〔男は40代に甦る〕の本を買った人、音楽の先生(あたしは名前 だけはエンソウですが)、故小さん(5)師匠宅の近くの人と多士済々。  撫子が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2015・3・30(月)[三井の貸し傘]、74キロ

 今月は、  高座本の制作も進まず、[応挙の幽霊]一冊で終りそうだ。  今、編集しているのが、[三井の貸し傘]。  あたしの創作で三越劇場で一度演ったきりのもの。  笑いっ子連・N文亭楽子(らっこ)さんがどこで知ったのやら、「あの噺の高座本、 あったら」と注文してきた。  演りっ放しだった作品。  人情噺っぽく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・3・20(木)N文亭夜間の発表会

 N文亭夜間の  第二回発表会になる。  吾木葉(あきは)[泥棒小咄]、初高座になる。着物もピタリッと合う。 しっかりと稽古を重ねてきたので、次回は一席物に挑戦できるだろう。  口新(はなし)[小咄]、相変わらずなんだかわからないところが個性。 それが好感度を伸ばしている。小咄と手品。  お扇(おせん)[道灌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2015・3・28(土)日野亭、初の発表会。晴れ、73キロ

 日野市の、  江戸の音曲と噺を聞く会の一日を借りて、本陣で。50人の大入り。  吉窓[長屋の花見]、圓窓[応挙の幽霊]    「稽古風景発表会だと思って応援してください」と挨拶。  生歩(しょうぶ)[桃太郎]、不安定さは多分にあったが、なんとかできた。  口演後の彼に「噺は、台詞の一言一言の感情をしっかりと掴み、 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

落語の授業 2015・3・24(火)笑顔。晴れ、73キロ。

 過日、17日の件で校長、副校長が、  揃って池袋まで足を運んでくださって、経緯を話してもらった。  結局、お互いに相手の立場を知らぬ内に対応をしてしまったという、いとも単純なこと。  お互いが詫びなくてはいけないことだった。  笑顔で話し合い、「いずれ改めてやりましょう」と笑顔で別れた。気分すっきり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業

 去る17日に、  某高校からメールで依頼のあった落語の授業。  「1,2年生に対して豊かな読書生活をはぐくむための講演ということで 落語を計画しております」と言う。  学校側が読書と落語をどういうつもりで並べたかわからないが、落語の 稽古方法に演読があるので、それを含めて思い描くことが必要と講演するか という腹づも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語の授業 2015・3・11(水)三宿中学校。晴れ、71キロ

 落語の授業、  世田谷区立三宿中学校3年100人ほど。吉窓[狸の札]。圓窓「扇子の仕種」  担当の教師が「出囃子はどうしましょう」と訊きにきたので、「今日は演芸会ではなく、 授業ですのでいりません」と断わる。  冒頭、生徒(男子)の代表が司会役なんだろう、始めの言葉を言うことになっていたらしく、 自分で書いたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語の授業 2015・3・9(月)母校 要小学校。小雨、71キロ

 なにを隠そう、 わが母校である。  今でこそ、要小学校だが、元は要町小学校という校名。  近くの平和小学校と統合するが故に、町の字を取り、要小学校と称した。  相手の平和は名も校舎もなくなっている。  この要小学校の自慢は、旧要町のとき、昭和57年の台風にシンボルだった プラタナスが倒れたこと。  それを輪切りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2015・3・7(土)北区立八幡小。曇り、雨、71キロ

 下げっ子連・大塚亭の、 八師(やつし)さんからの依頼で北区立八幡小学校へ。  先方は地域のイベントに落語を絡ませる企画を考えていたようで、 あたしのライフワークの落語の授業と巧く噛み合わないため、副校長と 打ち合わせを繰り返した上での落語の授業。  本来の通り、教室で4年生(20人弱)だけの落語の授業となったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

講演 2015・3・4(水)目黒区教育会研究発表全体会。晴れ、71キロ

 目黒区民センター内、  中小企業センターホール満員の目黒区教育会研究発表全体会  圓窓講演「教科書になぜ落語を載せたか」、 圓窓ライブ[鶴]  過日、落語の授業をしに行った不動小の渡島校長からのお声掛りで、 講演と落語のライブの運びとなった。  細かく言うと、  最初、不動小の渡島校長からの依頼は、今日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座 2015・2・28(土)深川江戸資料館 。晴れ、71キロ

 深川江戸資料館 小劇場 「江東区縁の横綱 大鵬と阿武松」  圓窓[阿武松]  トーク 納谷芳子(大鵬夫人)・佐藤祥子(相撲ライター)の対談  「大鵬を語る」  早めに楽屋入りをして、トークを聞く。  それが終って、芳子さんに「目黒の円融寺の豆撒き依頼ですね」と懐かしく挨拶。  考えるに、「大鵬と並べるのなら阿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞かせっ子連 2015・2・21(土)深沢亭の発表会、晴れ、73キロ

 聞かせっ子連・深沢亭の  第3回 発表会。世田谷区立深沢小学校の試聴覚室。  新井校長、この聞かせっ子連へ入連の挨拶。  「あたしは児童の弟弟子です」と。  宝斗(ぼうと)、あーや、ジュンジュ、ゲンゲ、児童の小咄。  みなが、しっかりと上下の目線を身に付け、落ちをおやかした。  結果、大きな反応を児童も実感した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2015・2・19(木)[鹿の巻筆]。晴れ、71キロ

 高座本[鹿の巻筆]の、  再検討をやっと終える。小学生のためにもと、ルビも付け加える。  思い起こすと、この噺、苦労して作ったにも関らず、ほとんど反応も 得られなかったように記憶している。  もう年月日を忘れただけではなく、手元に記録も見当たらないのだが、 寄席の日の制定をしようと有志で業界に呼び掛けたついでに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落としっ子連 2015・2・14(土)天租亭。晴れ、71キロ

 落としっ子連・  天租亭の初めての発表会。  南大塚ホール。18:30開演。  ブラ坊(ぶらぼう)[道灌]、他にオペラのレッスンを受けているので、「ブラ坊」と命名した。 けしてブラジャーのブラではない。  最期の講評でこの名の由来を説明したら、客席で小学生の男の子が最高に笑った。  彼の実子だった。  お提(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下げっ子連 2015・2・13(金)大塚亭の稽古日

 下げっ子連、  大塚亭の稽古日。  程酔(ほどよい)[たが屋]、高齢者の所へ出向いて慰問高座を展開したことを マクラとして楽しそう。    筆心(ひっしん)[井戸の茶碗]、長い話を上手に短縮していた。  鑑賞者を笑わそうという意識は持つな、と指導。  力んだ声、力んだ仕種、力んだ表情が品位を欠くことがあるからだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2015・2・13(金)弘道小学校、晴れ、71キロ

 足立区立弘道小学校、  4年生2クラス。  授業の開始時間を勘違いして拙宅をでたので、遅れる。  窓輝[ぞろぞろ]、圓窓[扇子しぐさ]。落語クイズ、芸名の謎  児童が教科書の[ぞろぞろ]を覚えたので、高座に座らせて教科書を 見ずに話すコーナーを設けた。  小学校では教科書を読むことを音読とか朗読というのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2015・2・9(月)姉崎小学校、晴れ、71キロ

 市原市立姉崎小学校、  落語の授業、窓輝[ぞろぞろ]、圓窓[扇子しぐさ]。  去年、この小学校の4年生で落語の授業を受けた遠山君。  挨拶に校長室へ来てくれた。  今年は、5年生。    去年、図書館を使った調べる学習コンクールで「落語」をテーマとして 文部科学大臣賞を受賞したという。  これで4年連続受賞とな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・2・6(金)N文亭夜間の稽古日

 深沢亭から、  笑いっ子連・N文亭の稽古へ。  交流稽古  愁波(しゅうは)[悋気の火の玉]、執念も感じる。  半畳(はんじょう)[風呂敷]、酔い加減の良さ。  空女(くうにょ)[替わり目]、しっかりしている。あとは回数。  吾木葉(あきは)、お扇(おせん)、東海(とうかい)、欠席。  口新(はなし)、顔出し。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高座 2015・2・8(日)漱石の散歩道 。雨、71キロ

 会場 四谷区民ホール  会名 漱石の散歩道 主催 漱石山房 王楽[野晒し] 圓窓[吾輩は坊っちゃんである]  早めに楽屋入りした。  モニターに今講演中のステージが映っている。  「落体の法則」  あたしの知っている語彙の「落下の法則」ではない。「落体」とは?  興味が湧いてきたので、ステージの袖に案内してもらって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞かせっ子連 2015・2・6(金)深沢亭の稽古日、晴れ、71キロ

 聞かせっ子連・深沢亭の稽古日。  稽古児童への小咄を5つ作って出向く。  朝夕(ちょうせき)[東京地口集]、作るのはいいとして、あと話し方の工夫。  深女(ふかじょ)[饅頭こわいの][元犬]  児童4人、発表会でやる小咄の稽古。  貴生(たかお)[五百羅漢]。  先月、紀伊国屋寄席で小生が口演した折、指南所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・1・31(土)有難亭、晴れ、72キロ

 真仮名(まかな)さんへ。  ブログへコメントしてくれたが、こちらからの機器の返信不能になったので、、、ここで、、。 >> [最後のチャイム]、聴いてみました。泣き虫キャラではなかったのですが・・ほろり。 落語の稽古を始めてから・・だめですね・・・(笑)   人として感情に触れることが出来てきたんだよ。いいことだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語の授業 2015・1・28(水)横浜市立中川西小学校。晴れ、71キロ

 落語の授業、  横浜市立中川西小学校3クラス、100人ほど。  窓輝を連れて、自運転者で。    校舎がなんとなく、見たことのあるような造り。  校長室へ通されると、見覚えのある顔。  あたしの落語の授業では始めての学校のはずなのだが、念のために、 「あたし、初めてですよね、この学校は…」と訊くと、  「実は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落語の授業 2015・1・24(土)上目黒小学校4年生、晴れ、71キロ

 目黒区の上目黒小学校、  4年生25人、落語の授業。  窓輝[そろそろ]圓窓[扇子で仕種]。  児童に高座体験をやらせたら、女の子が手拭いを防災頭巾にして、 地震訓練を演じたのには、ちょいと感動。  児童は全学年単級。落語の授業はまことにしやすい。  しかし、児童の親からみると、敬遠する傾向にあるという。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下げっ子連 20115・1・23(金)大塚亭の稽古日。晴れ、71キロ

 下げっ子連  大塚亭の稽古日。  程酔(ほどよい)[たが屋]  上山下(とうげ)[碁泥]  筆心(ひっしん)[井戸の茶碗]、  八師(やつし)[釜泥]、  若女(わかじょ)[権助魚]  囀里(さえずり)[花色木綿]、  交流稽古、聞かせっ子連・深沢亭倉寿(くらす)[平林]、  新加入者に基本の上下の小咄、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座 2015・1・22(木)紀伊国屋寄席、晴れ、71キロ

 601回 紀伊国屋寄席、  圓窓[五百羅漢]。  他に扇辰[雪とん]、三平[悋気の火の玉]、木久扇[芸能昭和史]。  久し振りにキクちゃん(木久扇が前座仲間だった頃の愛称)に会う。  突然、声が出なくなり咽頭癌と診断され、通院で放射線を7週間、一日3分、 当てて治したそうだ。老人保健が効いたので一日3000円ですんだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

噺っ子連 2025・1・15(木)有難亭の稽古日、小雨、71キロ

 噺っ子連・有難亭の初稽古。  宝須(ほうす)[悋気の火の玉]、入連した頃は武骨な感じの男だったが、 稽古した数も増えてきて、今ではこの噺を演るようになり、男の色気も微量 ながら出てきた。  貫学(かんがく)[味噌蔵]、学生の頃やっていたというこの噺、進歩したのかしら? 頑張れ。  耕作(こうさく)[六尺棒]、睡眠中、無呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2015・1・15(木)黒区立不動小学校4年。晴れ、71キロ

 落語の授業、  目黒区立不動小学校4年。窓輝[権兵衛狸]、圓窓[扇子の仕種]  「油面」という地名の近くの学校。  昔、一面の菜の花畑。  その花から油を摂っていたことから、油面」の地名が付いたと、校長から聞く。  その影響か、現在では、車のスリップ事故が多い、、、、は下手な洒落。  この先、教師への講演会を企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆っ子〔真名かな〕 2015・1・14(水)金襴

 筆っ子〔真名かな〕の稽古日。  手本を見ながら、金襴の楷書を書く。  どうしても、字が太く大きくなってしまう。  師曰く。「筆先をL字ではなく、S字にするように」と教わって、門の字をを書いてみると、 オヤッと思うほど、字がしっかりしてきた。  喜び一杯になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・1・16(金)N文亭の夜間の稽古日。晴れ、71キロ

 笑いっ子連・N文亭の  夜間の稽古日。  笑いっ子連・N文亭の午前の島々(しまじま)[上下の小咄]、楽子(らっこ)[お見立て]の 二人が交流稽古として口演。  東海(とうかい)が顔を出す。口新(はなし)も来る。二人は挨拶だけ。  お扇(おせん)[道灌]、飛躍的なものを披露する。  存得(そんとく)[蝦蟇の油]、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語の授業 2015・1・14(水)南房総市の小学校、晴れ、71キロ

 来年度は合併する学校同士、  南房総市の南小学校と丸山小学校が共同して開いた4、5年生への落語の授業。  近くの公民館で行われる。  窓輝[ぞろぞろ][権兵衛狸]、圓窓[扇子の仕種]。  丸山小の校長は、以前、要町1ー5の銘木屋の縁者だという。  それが終って、午後、千倉小学校へ。  窓輝[ぞろぞろ]、圓窓[扇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扇子っ子連 2015・1・13(火)千早亭の初稽古。晴れ、71キロ

 扇子っ子連・千早亭の初稽古日。  発表会も近いので、みな必死の稽古。  ワッフル[幾代餅]  屏風(びょうぶ)[山号寺号]  工三(たくみ)[禁酒番屋]  早千(はやち)[道灌]  大三九(おおみっく)[権助提灯]  竜太楼(たつたろう)[五人回し]  三十一(みそひと)[お見立て]、多くの者によくある悪い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大 2015・1・13(火)江古田校舎、晴れ、71キロ

 今年初の日大の落語の授業。  自転車で通学、いや、学生ではないから通勤か、、、  ま、どっちにしても学校へ行く。  学生に去年の暮れに町内の夜回りをやった話をして(3年前からやっているのだが) 「火の用心さっしゃいやしょうの継承会」を結成したこと、会員はまだ4人しかいないことを披露した。  ついでに、江戸の町々に設け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洒落っ子連 2015・1・12(日・成人の日)はれ、71キロ

 洒落っ子連・千川亭の発表会。  14時~18時。客数は7,80人は来ていたろう。  皆女(みなめ)[金明竹]、高座を下りて、成人式へすっ飛んで行く、、、娘の。  百貨(ひゃっか)[禁酒番屋]、ときどき語尾の消える発声だが、姿勢はいい。  雨米(うまい)[二番煎じ]、「火の用心」の声はちゃんと腹から出している。  小三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓進塾 2015・1・11(日)日吉校、晴れ、71キロ

 落語の授業 啓進塾   日吉校、3コマ。  4年へ。圓窓「扇子仕種」、窓輝[ぞろぞろ]。  5年へ。圓窓[十徳]窓輝[権兵衛狸]。  5年へ。圓窓[十徳]窓輝[権兵衛狸]。   朝、出掛けに着物を入れた鞄を忘れ、取りに戻る。   10時開始のつもりで電車に乗り、9時前に先方へ着いたら、「11時半開始です」と言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他芸鑑賞 2015・1・10(土)ふぉーすてーじプロ。晴れ、71キロ

 仕方っ子連・日野亭物久(ぶっく)さんの、  友人が朗読の会をやっていると、先日の仕方っ子連の稽古のときに聞いたんで、出掛ける。  というのも、貰ったチラシを見ると、圓窓の名前が載っている。  よく見ると、「死神」作 六代目 三遊亭圓窓、「応挙の幽霊」作 六代目 蝶花楼馬楽、示されている。  このチラシは小生の知らな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下げっ子連 2015・1・9(土)大塚亭の稽古日、晴れ、71キロ

 下げっ子連・大塚亭の稽古日。  聞かせっ子連・深沢亭の稽古に熱が入ったか、こちらへちょいと遅れの顔出し。  上山下(とうげ)[碁泥]  程酔(ほどよい)[たが屋]  八師(やつし)[釜泥]  若女(わかじょ)[権助魚]    囀里(さえずり)[花色木綿]、口調が早口気味になり、語尾が霞んだり切れたり して聞こえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞かせっ子連 2015・1・9(金)深沢亭の稽古日 晴れ、71キロ

 聞かせっ子連・深沢亭の稽古日。  深女(ふかじょ)[鼻の下]  朝夕(ちょうせき)[二十三区の地口尽くし]、自作とこのこと。わかりやすく聞かせる工夫が必要。  皆女(みなめ)、[金明竹]洒落っ子連から交流の稽古。  [猫の小咄]をジュンジュ、ゲンゲ、アアヤ、宝斗(ぼうと)。  見学の児童あり。参加するようになると、児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑いっ子連 2015・1・8(木)N文亭の午前、

 笑いっ子連・N文亭の午前。  本年初の稽古日。  楽子(らっこ)[お見立て]  半畳(はんじょう)[風呂敷]  八叟(はっそう)[鼓が滝]  メジャー[桶屋裁き]  愁波(しゅうは)[悋気の火の玉]、正妻の悋気の上の鼻の先で「ふん」と 言いながら横を向くのが難しいらしい。猛稽古をして臨んだようだが、 「はん」と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

手拭いっ子連 2015・1・8(木)広場亭の稽古日。晴れ、71キロ

 手拭いっ子連・広場亭の稽古日。  春木(はるき)[松山鏡]、通る声の勉強になりそう。  望木(のぞき)[権助提灯]、旦那のお供で提灯を持って夜道を歩く権助を楽しくやれそう。  限無(げむ)[法要猫]、長い噺を上手に短縮している。  美城(びじょう)[野田の宿帳]、限無(げむ)さんを見習って、短縮しよう。  校行(こうこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕方っ子連 2015・1・7(水)日野亭、曇り、71キロ

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。  哲笑(てっしょう)[牛褒め]、もう半歩前進してもらおうかな。 男のはばかりにある貼り紙ではないが、、、(笑)  生歩(しょうぶ)[桃太郎]、落ち着こうよ。落ち着けば一人前だよ。 落語の中によく出てくる名台詞なんだよ、生歩(しょうぶ)君。  物久(ぶっく)[一目上がり][鶴]、演読を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽織っ子連 2015・1・6(火)要亭の稽古日、曇り、小雨、71キロ

 羽織っ子連・要亭の稽古日。  古造(こぞう)[松竹梅]  印去(いんきょ)[花筏]  呉六(くれむつ)[禁酒番屋]  桑良(くわら)[桃太郎]、演読。  寒雷(さむらい)[河豚鍋]  貴尾(たかお)[枯木屋]、演読。  長矢(ながや)[桶屋裁き]、落語に慣れている人に多くある悪癖の一つを持っているので、 心配し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淑徳大 2015・1・5(月)落語の中の江戸、減れ、71キロ

 淑徳大池袋オープンカレッジ、 「落語の中の江戸」  吉窓[かつぎ屋]。お正月の目出度さを全部ぶち壊しにしようとする噺なので、 目出度くはない噺。しかし、落ちの一言は、「七福神お揃いで」となるので、ま、いいか。  圓窓「手拭いのプレゼント」。  来期はテーマを「落語の体験レッスン」にしたので、その宣伝も兼て手拭いの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

他芸鑑賞 2015・1・4(日)初芝居。晴れ、71キロ

 初芝居、と言っても、  歌舞伎にあらず、、、、、萬屋錦之助一座。  座長は故中村錦之助の義理の息子と知る。  会場の池袋シアターグリーンの5階のBOX in BOXがあたしの鑑賞する芝居のホール。  同時間帯に階下と階上の二つのホールで「吉原万灯」「汚泥河童」の芝居をしている。  その三つが脈絡を持ってストーリーを成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2015・1・3(土)駅伝、晴れ、71キロ

 朝、女房が見ている  テレビの駅伝中継を見る。  青山学院が完全優勝。目出度い。  わが文京高校の同級がこの学院へ入り、落語研究会を立ち上げたことがあって、 指導役として何年も通ったことがある。  それと、もう一つ。  シード権を得られなった帝京大に期待を送っていたのだが、残念。  この学校にちょいとした縁がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高座本 2015・1・2(金)[宿屋の富]、晴れ、71キロ

 ちょうど今、  あたしは[宿屋の富]の検討編集をしているのだが…。  いい按配に仕事もないので、どうしても、翌日の朝方までPCの前に 腰を掛けていることになる。  箱根駅伝のテレビ中継を見る。  目を覚ましたのが遅いので、往路ゴール寸前。  速さを争うものだから、速ければ速いほどいいわけだが、それだけでは ないも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日暮 2015・1・1(木)早々のぼけ

 去年から溜っていた  6人への返信書類。  やっと、高座本を同封して6人に送る作業。  しおわって、深夜3時、コンビニに出しに行った。  戻って部屋に入ると、床に封書が一枚落ちている。  宛名が記してあり、封もしてある。  あ、、、、出し忘れ一枚。  あぁ、新年、早速、ぼけ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高座本 2015・1・1(木)[山崎屋]、晴れ、71キロ

 高座本[山崎屋]の  編集をしながら再検討をしてみて、気が付いたことがある。  既成の噺のストーリーの流れは、噺によくあるパターンで、番頭が若旦那と花魁を 一緒にさせるために、同時に親父に納得させるために狂言を書くと言って、 その手順を若旦那に語るのが前半。  それを実行するのが後半になる。  そこで、あたしの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more