洒落っ子連 2013・7・15(月)千川亭の発表会、晴れ、70キロ

 第2回 洒落っ子連・千川亭発表会。

 浴衣落語会と題して。千早創造館、13時から18時。

 八師(やつし)[青菜]、品良くってなかなか出来るものではない。だからこそ演らなくては。
 雨米(うまい)[饅頭怖い]、稽古より声を張っていたように聞こえてきた。
 小三九(こみっく)[厩火事]、稽古の甲斐があった一人。落ち間際のお崎さんの号泣は
わざとらしくなく、良い。
 喜子母(きしも)[薬缶]、ミスを犯しても堂々と穴埋めをする度胸は大したもの。
 春木(はるき)[お見立て]、意地悪女が合っているように思ってしまったが、いけないかしら。
次回は[ろくろっ首]をやるとか。
 ニ童(ふどう)[初天神]、普段の会話にも人を笑わせる口調を持っているので、
この噺、ぴったり。客席で聞いていた娘ちゃんが「パパ」と掛け声を掛けていた。
 肌乃(はだの)[十徳 前半]、途中で絶句して、客席は爆笑。
小生、「教えてやろうか」と高座の前に出て行く。
 百貨(ひゃっか)[十徳 後半]、マクラはきれいに入って、素直に抜けて良かったが、
案の上、あとはメロメロ。
 還児(かんじ)[粗忽長屋]、生真面目過ぎる感あり。
 和語女[松山鏡]、人情噺のような展開は面白い。
 皆女(みなめ)[平林]、見事に明るくやってのけた。
 八百紙(やおがみ)[元犬]、聞くたびに新しいくすぐりがあり、楽しそう。
 絵札(えふだ)[十徳]、中入り前に二人がリレー式で演った噺をまた好演。
 龍士(りょうし)[欠伸指南]、センスは抜群にある人なのでマクラがいい。
あとは言葉をしっかりと発すること。
 圓窓[真田小僧]、何年ぶりかのこの噺。落ちのきっかけを素通りしてしまい、
落ちが付かなくなってしまった。どうしようかと思案しながら、真田幸村の名前
まで出してしまった。失敗高座だった。

 肌乃(はだの)、八師(やつし)のかみさんも参加しての打上げ。17人。三原庵で。
 他連のワッフル、早千(はやち)、長矢(ながや)もいて、一同に感想を述べてもらった。

"洒落っ子連 2013・7・15(月)千川亭の発表会、晴れ、70キロ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント