落語っ子連 2013・7・7(日)三流亭の稽古日。

 満願寺を終えて、

 自運転者で門仲へ移動。落語っ子連・三流亭の稽古日。

 稽古場へは小生、遅れたので、自主稽古中。

 千公(せんこう)[ぞろぞろ]、上下の目線がしっかりしてきたのは、グッド。
 
 この千公さんと同行して来た、千葉市の白浜小学校の海老原教師が見学。
 ついでに[寿限無]を披露。見事。
 小生の作った落ちを使っていたのは嬉しい。
 一つ、指摘。
 「あんまり名前が長いので、なになにになっちゃった」という落ちの言い方は
野暮なんですよ、と指導。

 それは散文的な表現であって、「あんまり名前が長いので」は周知の事実なんだから
言う必要はないんです。」と。

 読ませ稽古、新参(にっさん)[千早振る]。
 浪曲場面に注目。

"落語っ子連 2013・7・7(日)三流亭の稽古日。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント