高座 2013・6・8(土)九品院蕎麦喰い地蔵講。晴れ、69,0キロ

 九品院蕎麦喰い地蔵講。

 16回目になるこの講。

 日芸のテストに使った「名物を歌にせよ」の話から[首屋]。

 この院へ来るのは住職の話が聞けるから楽しみ。
 釈迦は菩提樹の下を7日ごとに場所を変えてた。
 そして、四十九日目に悟った。

 今日の法要の四十九日にも、ちゃんと意味がある、という。
 死者も49日目に仏になれる。
 それまでは霊としてさ迷っている。

 蕎麦の研究家に文京高校の4年先輩がいたことを知り、驚き。

 蕎麦の研究家、ほしさんの女房が書道家だったとは知らなかった。
 この講の献立表を書いたそうな。

"高座 2013・6・8(土)九品院蕎麦喰い地蔵講。晴れ、69,0キロ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント