高座 2013・4・24(水)文学シリーズ 語る・噺・演ずる。雨、67,75キロ

 〔オフィス樹特別企画公演〕

 〔文学シリーズ語る・噺・演ずる〕
 圓窓[石一つ]。

 会場 豊島区南大塚創造館ホール。昼夜二度公演。400人の入り。
 共演者 阿部寿美子〔山月記(中島敦)〕、仲木隆司〔鼻(芥川龍之介)〕
      市川兵衛 神由紀子 比嘉芳子〔尼将軍さまのカヤの木〕
 対談 圓窓・阿部。10年前の人形師の寿三郎さんとの芝居「押絵と旅する男」の
      ビデオをステージに流し、対談が始まる。
      そうそう。あのとき、楽屋で阿部さんに化粧をしてもらったけ。

 共演者はみな、本を持っての語りであったが、それぞれがみな違って面白かった。

 鑑賞者、翠、長矢(ながや)、ワッフル、貴尾(たかお)、館の永瀬課長。
       書道をする課長には、めくりを書いてもらっている。

 体調不良でもないのだが、稽古に気が入らず、本番勝負。
 やはり、疲れた。
 高座本を読んで稽古したのだが、誤植が目立っているので、気が滅入る。
 帰宅後、まず校正。
 そして、無駄な地語りを削って、会話に転入させる作業をする。

 明日、日大病院へ検査。

"高座 2013・4・24(水)文学シリーズ 語る・噺・演ずる。雨、67,75キロ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント