扇子っ子連 2012・9・25(火)千早亭の稽古日。

 扇子っ子連・千早亭の稽古日。

 軽太(かるた)へ[道灌]の読み聞かせ収録。
   読みをしっかりやっていけば、前回の[権兵衛狸]を凌ぐ結果を出すだろう。

 読ませ稽古、ワッフル[武助馬]。
   先日の淑徳大オープンカレッジでの[野晒し]を聞いて、演りたくなったという。
   芝居好きのワッフルなんで演りこなすだろう。
   
 させ稽古、窓口(まどぐち)[片棒]。
   久しぶりのこの噺の稽古。
   
 読ませ稽古、三十一(みそひと)[粗忽長屋]。
   もう一席[野晒し]を候補に上げていたが、[野晒し]は大声で騒ぎ立てる部分が多い。
   それより[粗忽長屋]のように錯覚、矛盾、不条理を笑いに向かわせるにはよほどの腕が
  重要視される。で、[粗忽長屋]を薦める。
  
 読ませ稽古、早千(はやち)[饅頭怖い]。
   噺の登場人物をすべて女にしてタイトルも[饅頭怖いの]と変更。
   女の良い点、悪い点をさらけ出すような噺に仕立てるのも面白い。
   だから、前半は好きな物を言い合ってもいいし、出身校、出身地、亭主、子供の
  自慢し合ってもいい。
   噺作りとはまさにこのこと。

"扇子っ子連 2012・9・25(火)千早亭の稽古日。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント