語りっ子連 2012・8・2(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、68キロ。

 語りっ子連・紅巣亭の稽古日。

 させ稽古、咲多(さきた)[子褒め]。
   落ちを工夫したが、ちょいときついので「変えたほうがいい」と。
   高座本、[青菜][百川][道灌]を買ってたようだが、次は[青菜]にアタックするらしい。

 させ稽古、節々(ふしぶし)[初音の鼓]。
   先日、白扇会で[武助馬]を演って手応えを感じたそうな。
   この噺も持ちネタにするだろう。教吾(きょうご)さんも「いい出来でしたよ」と評価。

 小まど(こまど)[子褒め]。
   人物の気持ちがわかってきたので、自然といい間になってきた。

 させ稽古、教吾(きょうご)[鰍沢]の前半。
   雪中の者の台詞が泣き声のように聞こえるので、注意。

 読ませ稽古、オペラ[狸の札]。
   どっちかてぇと狐顔の彼女、どういう狸を演ずるか、楽しみ。

 させ稽古、鶴女(つるじょ)[お花半七]。
   大きな目で細かい目配りをするので、この噺も色が出てくるから不思議。

"語りっ子連 2012・8・2(木)紅巣亭の稽古日。晴れ、68キロ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント