手拭いっ子連 2012・4・19(木)広場亭の稽古日。

 手拭いっ子連・広場亭の稽古日。

 読ませ稽古、学矢(がくや)[洒落番頭]。
 一人称の中の相手の台詞の言い方を掴んだようだ。

 させ稽古、品人(ぴんと)[首屋]。
 「家で稽古をしてて、『出来た』と思ったが、ここへ来て高座へ上がると、
まるっきり駄目だ」と本人の弁。

 させ稽古、望木(のぞき)[夕立屋]。
 バッターボックスのイチローのように袖を摘まむ癖が一度だけあった。
 台詞に詰まったとき、この癖が盛んに出てたのだ、、、、。

 させ稽古、限無(げむ)[半分垢]。
 素顔を笑顔に、、、、と指導。

 させ稽古、学女(がくじょ)[ぞろぞろ]。
 自信を持って大きい声でやろう、激励。

 読ませ稽古、芸太(げいた)[親子酒]。声の大きさは心配してない。

 終って6人がジョナサンで反省会。
 そういえば、初めてのことではないかな。
 ビールを飲む人もいて、みんな笑顔で反省。
 これが高座に欲しい顔。

"手拭いっ子連 2012・4・19(木)広場亭の稽古日。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント