仕方っ子連 2016・3・16(水)日野亭の稽古日、晴れ、71キロ。

 仕方っ子連・日野亭の稽古日。

 哲笑(てっしょう)[絡み酒]、演読。
 物久(ぶっく)[天狗裁き]、演読。
 生歩(しょうぶ)[半分垢]、演読。

 今月の26日(土)はこの稽古場の向かいの本陣で発表会があるので、
真剣な演読稽古が続いたが、他の二人は口演稽古。

 とくに我道(がどう)[初天神]の口演稽古でキラッと光るものを見た。
 子供の金坊を演ずるときは「両方の手を合わせて胸の辺りへもっていくこと」と、
何度か子供らしく可愛い形を指導してきたが、今日はまだ教えていない父親と
母親の手の表情を区別して表していた。
 普段、母親と一緒に遠く都心の稽古連の発表会へ足を運んでライブを
見聞しているので、その成果であろう。
 稽古の度にいいものを発揮しては、あたしを驚かしてくれるのは嬉しい。

 空女(くうにょ)[蒟蒻問答]口演稽古。
 この噺は他の連でも稽古をしてきているで、後半の盛り上がり場面は
だいぶ調子を身に付けたようだが、言葉の訛りが直っていないのが残念。
これが直れば満点に近いのだが、、、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック