仕方っ子連 2015・6・17(水)日野亭の稽古日、大雨、70キロ

 仕方っ子連、

 日野亭の稽古日。
  物久(ぶっく)[夕立屋]、「夏の内に出来るようにしたいので、この噺の
 稽古を」と稽古を開始。圓窓「もう夏だよ」(笑)
  
  哲笑(てっしょう)[金明竹]、改めた了見で演読に取り組んでの稽古。
 この演読だとしっかりした噺となって聞こえてくるんだがなぁ。
  
  覧土(らんど)[おいおい電話]、眩暈で休養していた彼女が「全快をした
 わけではないのですが」と、久しぶりに顔を出す。
 稽古場に花が咲いたよう。(笑)
 友人の家で実際にあった詐欺事件を噺にまとめた作品を披露。
 練ればいいものになるだろう。
  
  生歩(しょうぶ)[十徳]、高座に上がる直前に覧土(らんど)がお土産の
 煎餅を置いて帰って行った。
  生歩(しょうぶ)「楽しみはあとに取っておいて、僕は稽古のあと食べます」
  圓窓「他の者は生歩(しょうぶ)君の噺を聞きながら食べよう」
  生歩(しょうぶ)「そうしてください。噺は早めにやりますから」
  圓窓「我々、食べるのは噺より早いからね」(笑)
  生歩(しょうぶ)「ワーーーーー、大変だぁ」
  
  物久(ぶっく)[ういろう売り]、ものに出来るはず。

  哲笑(てっしょう)[一目上がり]、いいものを発揮している。

この記事へのコメント

物久
2015年06月25日 08:58
いつもありがとうございます。

もう夏、なので、言い直して、「梅雨が明けるまでに」(笑)頑張ります。

この記事へのトラックバック