仕方っ子連 2015・3・28(土)日野亭、初の発表会。晴れ、73キロ

 日野市の、

 江戸の音曲と噺を聞く会の一日を借りて、本陣で。50人の大入り。

 吉窓[長屋の花見]、圓窓[応挙の幽霊]
 
 「稽古風景発表会だと思って応援してください」と挨拶。
 生歩(しょうぶ)[桃太郎]、不安定さは多分にあったが、なんとかできた。
 口演後の彼に「噺は、台詞の一言一言の感情をしっかりと掴み、
それをはっきりと表現して、生き生きと演じて伝える話芸だよ」と言って聞かせる。
 わかってくれたかなぁ。

 物久(ぶっく)[鶴]、スカイツリーの足元から聞きに来た友人がいるという。
 着物姿も板についてきた。
 マクラに「今日は娘の誕生日で、『いくつになったの?』と訊いたら、『昨日までは九才。
今日から天(10・テン)才』と言いました」と振ってた。
 まさに、小咄の天才だろう。(笑)

 哲笑(てっしょう)[牛褒め]、稽古のときは現れなかったが、生の客を前にすると
その反応を掴み取るセンスを発揮した。これは学生の頃、身に付けたものだろう。
どうしても悪いものを発揮してしまうものなんだが。いいものを発揮してくれた。

 下げっ子連の囀里(さえずり)が来る。
 打ち上げ、麒麟園へ。

この記事へのコメント

物久
2015年03月29日 22:15
ありがとうございました。
家族に撮影してもらったビデオを見ましたら、課題がはっきり…ですが、とても楽しくいい気持で(笑)やらせていただきました。とても貴重な経験でした!
4月からもよろしくお願いいたします。
生歩母
2015年03月31日 07:15
物久さんの鶴のお噺、数年前の日野宿本陣で円窓師匠が口演されたのを思い出しながら拝聴致しました。
哲笑さんの牛褒め、中学生の生歩の仲間たちに大好評でした。
吉窓師匠の長屋の花見、色々な方の長屋の花見を拝聴しますが、吉窓師匠の仕草を拝見すると私も飲みたく、食べたくなります。
そして円窓師匠の応挙の幽霊。私も一緒になって、ハラハラドキドキ、どんなラストが待ち受けているのかと思うと、身体が前傾になってしまいました。やはり素晴らしい…‼︎と感動致しました。

生歩は、初めての経験で、思ったより出来たこと、思ったより出来なかったことが、本人の身体中に去来していることと思います。
練習不足や早口や…親としては色々ありますが…
師匠が根気良くお稽古をつけて下さったおかげで、生歩は、自分の新たな一面を発見したのではないかと思います。

落語はやっぱり、とっても楽しいですね!

いつも遠いところをご足労頂き、大変恐縮ですが、四月からも、何卒宜しくお願い致します。
圓窓
2015年03月31日 10:27
物久(ぶっく)さんへ。

>> 家族に撮影してもらったビデオを見ましたら、課題がはっきり…ですが、

 これから、これから、、、、。

>> とても楽しくいい気持で(笑)やらせていただきました。とても貴重な経験でした!

 それにしても、末っ子のテン才さんはしっかりしてて可愛いですね、、、。
圓窓
2015年03月31日 10:34
生歩の母さんへ

>> 物久さんの鶴のお噺、数年前の日野宿本陣で円窓師匠が口演されたのを思い出しながら拝聴致しました。

 あら、そうだったんですかぁぁぁ。

>> 生歩は、初めての経験で、思ったより出来たこと、思ったより出来なかったことが、本人の身体中に去来していることと思います。

 一歩前進したんです。
 これから、前進を自覚しながら稽古を重ねるといいですね。
 末尾になりましたが、いつもいつも美味しい物をありがとうございます。

この記事へのトラックバック