落語の授業

 去る17日に、

 某高校からメールで依頼のあった落語の授業。
 「1,2年生に対して豊かな読書生活をはぐくむための講演ということで
落語を計画しております」と言う。

 学校側が読書と落語をどういうつもりで並べたかわからないが、落語の
稽古方法に演読があるので、それを含めて思い描くことが必要と講演するか
という腹づもりでいた。

 「体育館で1,2年生合同で」というのは断わって、「1年生だけ」にしてもらったが、
「会場は柔道場に体育座りで」と言ってきた。それも「集中力がなくなるから」と断わった。

 いよいよ今日。萬窓を乗せてナビを頼りに向かったが、ナビは学校の裏側の
細い道を案内する。フェンスに沿って走ったが車の入れそうな門はなし。

 電話すると、事務の者だろう、口で説明してくれるが要領を得ない。
 また電話して「外へ出て学校の回りを回っておくれ。プリュウスが止まっているから」と。

 萬窓も車を降りて辺りを見る。
 ひょろっとした若い男が来て、萬窓に道順を説明している。
 しかし、この細道を行って標識通りに左に曲がると、学校からますます遠ざかる按配になる。
不安なので「あなたも車に乗って案内をしておくれ」と言うと、
 なんと、「公務員だから車には乗れません」と言うではないか。

 なんという返答をしてくるんだ、この男は。
 これまでにも、学校の近くから同乗してもらって案内のケースはちょいちょいあった。
 そうなると、これらはみな法律を犯した行為なのか。知らなかったよ。
 こんな公務員の法律は改正してもらいたいね。
 今のあたしには憲法改正よりも重大な問題だ。

 断固として乗ろうとしないので、
 「よし、萬窓乗れ。学校へ入れそうもないから帰ろう」と、帰宅するに及んだ。

 こうなると、あたしが単なる我が儘に思われそうだが、思う人は思ってもいいでしょう。
 今のあたしには公務員の法律にはとても敵わない、、、、。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

好夢
2015年03月18日 06:50
師匠、お疲れ様でした。こんな公務員がいるから、私達の仕事がやりにくくなるんです。公務員だから同乗できないという法的な根拠はありません。今後、このような輩がいたときは、具体的な法律名と条文を聞いてください。絶対に答えられないでしょう。師匠が正しい!
圓窓
2015年03月31日 10:42
好夢(こうむ)さんへ。

>> 師匠、お疲れ様でした。こんな公務員がいるから、私達の仕事がやりにくくなるんです。

 励まし、ありがとう。
 相手を知ることが足りないと、ぶつかり合いになるもんです。
 いい按配に、知ることが出来まして、ほっとしましたよ。

この記事へのトラックバック