落語の授業 2015・3・9(月)母校 要小学校。小雨、71キロ

 なにを隠そう、

わが母校である。
 今でこそ、要小学校だが、元は要町小学校という校名。
 近くの平和小学校と統合するが故に、町の字を取り、要小学校と称した。
 相手の平和は名も校舎もなくなっている。

 この要小学校の自慢は、旧要町のとき、昭和57年の台風にシンボルだった
プラタナスが倒れたこと。
 それを輪切りにして、保存していること。
 そのとき、60年後に掘り起こそうとタイムカプセルを埋めたこと。
 今年、校庭を世界陸上が開けるほどのラインを引いて整備した折に、早めだが、
掘り起こしたこと。
 
 そして、今日、落語の授業を継続していること。
 要小学校、1クラス、15名。萬窓と二人で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック