高座本 2014・8・16(土)[大工調べ]、曇り、71、0キロ

 高座本[大工調べ]。

 あたしは落語っ子連・三流亭流三(りゅうざ)さんの意見に耳を傾けてきて、
共通する意見を持った。

 一つは、大家が与太郎から道具箱を取り上げたのは、店賃の滞りの抵当として
正当な行為。
 二つ目は、棟梁はそれを言語道断として大家へ悪口雑言の啖呵を切って、
鑑賞側に後味の悪さを露呈している。

 ところが、今日まで、演者も鑑賞者も啖呵を切る棟梁の格好の良さに拍手を
浴びせて、名作扱いをしているが、違うと思う。

 そこで、大家を悪の立場におこうと試みて、この[大工調べ]の高座本の編集に
時間を食ってしまった。
 それで、やっとなんとか、、、。大家が与太郎の病身の母親の寝ている掛け蒲団を
剥ぎ取って持って行ってしまったという行為を挿入してみた。

 八月二十一日の一門会で高座本をお客プレゼントする企画に間に合うかなぁぁぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

流三
2014年08月20日 13:28
流三です。
師匠、とうとう完成されましたか。
いろいろお話をさせていただいたので、新しい「大工調べ」がとても楽しみです。
是非高座本を頂戴して、いずれ演らせていただきたいと思います。
圓窓
2014年08月24日 23:51
流三(りゅうざ)さんへ。

>> 師匠、とうとう完成されましたか。
いろいろお話をさせていただいたので、新しい「大工調べ」がとても楽しみです。
是非高座本を頂戴して、いずれ演らせていただきたいと思います。

  なんとか、人物の設定を変えないことには、と思いながら編集してきたのだが、、、。
  また意見を、、、、。

この記事へのトラックバック