洒落っ子連 2014・7・21(月・海の日)晴れ、曇り、70キロ

 洒落っ子連・千川亭の

 第4回 発表会。
 転宅 百貨(ひゃっか)、体調不良のせいか、いつもより声が小さい。
 紙入れ 小三九(こみっく)、あだっぽく若い男を手なずける女を演じた。
 たが屋 雨米(うまい)、腹からの声の出し方の探求は続けよう。
 看板のピン 龍士(りょうし)、口ごもる癖を早く取れば、マクラのセンスももっと表出するだろう。
 壷算 肌乃(はだの)、しっかりと演ずる態度はとてもいい。
 小言幸兵衛 還児(かんじ)、会話の繋がりと流れを掴むといいのだが、これからだろう。
 南瓜屋 喜子母(きしも)、稽古場のほうが素直で良かった。張り切りすぎたのかなぁぁぁ。
 湯屋番 ニ童(ふどう)、ニ童らしさを何十倍も出した。

 特筆が二人。
 藁人形 八百紙(やおがみ)、陰気な噺をじっくりと焦らずに稽古をした成果が出た。
会話だけではなく、地語りにも感情を篭めることを身に付けた。人情噺も出来るかもしれない。
 権助魚 皆女(みなめ)、噺の口演には児童への読み聞かせより複雑なテクニックが必要で、
聞かせる力、面白さを伝える力を見事なくらいクリアーしてきた。

 他の稽古連からも多数、聞きに来ていて、交流の意義が厚みを増したように思う。
人の噺を聞くと、自分が口演するために必要なことがどっさりと得られる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック