高座本 2013・9・15(日)[三年目]

 この噺、

 圓生(6)は好んで演っていた。
 笑わせるためのクスグリを各所に入れていたが、それがために、人物を破壊する
結果になっている部分がいくつかある。

 そんなことで、あたしは好きになれなかった噺の一つ。
 クスグリよりも、人間の描写を優先させたいと思いながら、編集整理をしている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック