感想メール 2013・9・5(木)聞かせっ子連・深沢亭深女(ふかじょ)

 窓輝師匠の[鼠]、

 陰気ですか?(笑)

 私は、坊やの雰囲気がかわいらしく出ていたな、と、思いました。
 以前、稽古連の流三さんの[鼠]を門前仲町で聴かせていただいて以来の[鼠]でした。

 演者が違うと、噺の雰囲気もがらっと変わるのですね。
 いつかあたくしも甚五郎の噺にも挑戦したいなと思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック