手拭いっ子連 2013・9・5(木)広場亭の稽古日、曇り、70キロ

 手拭いっ子連・広場亭の稽古日

 限無(げむ)[千早振る]、「笑顔がほしいね」と指導。
 超寿(ちょうじゅ)[寿限無]、過日、超寿(ちょうじゅ)が連れて来た孫の百合亜ちゃんの
父親と同伴。
 この父親(亜矢と)、どことなくオバマ似。
 超寿(ちょうじゅ)の噺が終ると、高座に駆け寄り、抱きかかえるように降ろす。
日本人には出来ない親子像。
 日本語はきれいで満点以上。会話にも落ちを付けたり笑わせたりで完璧。
英語を教えているというので、英語落語の人達の話をする。

 超寿(ちょうじゅ)曰く、「師匠の[指相撲]の中で、相撲(才助)とスリ(千太)の会話の
中で間違い、ミスがあっても「これもなにかの縁だから」と言う言葉が好きになり、
家庭でも、なにかと「縁だから」と発しているという。

 美城(びじょう)[鼓が滝]、いつものもの。
 学女(がくじょ)[味噌豆]、まだまだ。
 飛行場の出口で手荷物オーバー27キロだったが、「おばあちゃん、大変だね」の一言だけで
罰金はなかった。歳をとって得をしたという話えおマクラ。

 読ませ稽古、無学(むがく)[鶴]。今まで「いやだ、いやだ」の連続だった教師だが
やっと稽古に入る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック