感想メール 2013・9・4(水)石崎津義男

 昨夜の一門会、

 まず全体の構成が見事でした。
 
 最初に吉窓さんと寄席踊りを持ってこられたのは成功でした。吉窓さんのお噺はもとより見事でしたが、
そのあとにすぐ踊りというのは後の噺のためにはよかったと思います。
 次の萬窓さんはまたがらっと変わって聴かせました。
 さらに窓輝さんの落着いた噺ぶりには、その成長に感心しました。
 窓里さんはいつもどり。 
 最後の圓窓さんには、その見事なお噺にすっかり魅せられてしまいました。さすが師匠いうところで、
他では聴けない噺です。

 というところで、帰宅してからも、興奮していました。
                                  石崎津義男

 圓窓 思う
  「隣町の石崎さんとは、長い落語のお付き合いです。
   近所では会わないのですが、会があると必ず、という仲。
  ありがたいです」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック