笑いっ子連 2013・8・8(木)N文亭の稽古日、晴れ、69,75キロ

 笑いっ子連・N文亭の稽古日。

 ここは月に一度の稽古なので、一ヶ月のインターバルがある。
 遅ればせながらその間の落語情報として、「声優のレッスンで、紅白落語合戦。そして
女組の圧勝」「真直(まっつぐ)が日向市の全国こども落語会で商工会議賞を貰った」
「NHKで小生の[指相撲]放映」と報告。

 させ稽古、一走(いっそう)[強情灸]、楽しさを掴んだようで、聞いてても楽しい。
 させ稽古、半畳(はんじょう)[真田小僧]、落語の口調に安定性を増した。
普段、落語の聞き歩きをしているせいだろう。
 させ稽古、愁波(しゅうは)[一目上がり]、ゆっくりとした口調だが、ほのぼのとした
可愛らしさを発揮している。

 あと、口演の稽古はできなかったが、加々士(かかし)、レッスン、八叟(はっそう)、
一二三(ひふみ)が参加。

 一二三(ひふみ)に高座本[一目上がり]を持っていくのを忘れた。催促されても、
「あ、そうだ」と思い出せないほど、忘れている。ボケなんだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック