手拭いっ子連 2012・10・18(木)広場亭の稽古日

 手拭いっ子連・広場亭

 読ませ稽古、学矢(がくや)[子褒め]。
   しっかりと読んでいるので素直に耳に入ってくる。

 させ、読ませ稽古、望木(のぞき)[初天神]。
   台詞を思い出そうとして目をキョロキョロさせる癖をとろう。
   暗記をしようの意識をなくして、感情をこめて読み稽古を重ねるといいのだが、、。

 させ稽古、学女(がくじょ)[道灌]。
   台詞を置くような感じで発するのはいいが、気を抜くと語尾が無音化してしまうのを気を付けよう。

 させ稽古、ゆる里(ゆるり)[平林]。
   持病があり稽古も休み勝ちだったが、今日は準完全のさせ稽古に入った。
   声は小さいが口調に流れがいい。
   聞いてた全員が感動的な拍手。

 読ませ稽古、美城(びじょう)[権兵衛狸]。
   噺のテーマ、内容を思い描く努力をしてくれるといいのだが、、。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック