講演と落語 2012・10・18(木)松丘小学校のPTA主催。晴れ、67,0キロ

 松丘小学校のPTA主催、

 24年度第3ブロック研修会で講演と落語。
 講演「話す聞く思い描く」と落語ライブ[鶴]。
 ここの校長は去年まで花見堂小学校の校長だった青木先生。

 聴講の中から参加企画として初めての試みをした。

 小生の[鶴]のライブの前に聴講者の中から二人を会場から去らして、噺の聞こえない所へ
移動させた。
 で、小生がライブ[鶴]。

 そのあと、[鶴]を聞いていた中から一人を選んでステージへ出てきてもう。
 そして、会場から移動させた一人をステージへ呼んで、ステージへ。
 ライブを聞いていた人がその模様を聞いてなかった人に聞かせる。
 それを聞いた人が他のもう一人の聞いてなかった人を呼び出して、その聞いた話を伝える。
 つまり、伝言ゲームだ。
 上手く伝わらない面白いさで会場は爆笑。

 この企画は、それぞれの人が「話す聞く思い描く」を実行しているのか、どうかの検証のようなもの。

 そのあと、他の聴講者が一人、噺の一場面を高座で試演して、高座体験。
 この人が予想以上によくやった。
 小生が「会話は目と目だよ」と講演で言ったことを高座体験で実行してくれた。
 聞いていて、嬉しさを充分に味わった。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック